目次

  1. あなたのつむじ、見られています!!
  2. つむじの二つのハゲとは?
  3. つむじの二つのハゲってどんな症状?
  4. つむじに二つのハゲができる原因って何?
  5. こんな人は注意が必要かも...!
  6. つむじの二つのハゲの対策方法
  7. もし、つむじに二つハゲができる症状がでてしまったら
  8. 育毛剤選びで迷っている人は....
  9. つむじの二つのハゲの症状と原因を正しく把握しよう
  10. つむじはげ特集を準備しています。

頭頂部は自分には見えにくいけど他人からはよ~く見える場所です。

例えば、電車やバスに座っているとき、レストランの席に座っているとき、物を落として拾い上げているとき・・・など、他人より低い位置になるパターンは多々あります。

知らず知らずのうちにあなたは頭頂部を他人に見られているのです。

つむじはご存知のとおり頭頂部周辺にある毛髪が渦を巻くように生えている部分です。

つむじの中心には毛がありませんよね。いわゆる「ちっちゃなハゲ」みたいなものです。

ほとんどの人はつむじが一つですので、みんなちっちゃなハゲを持っているようなものですが、ちっちゃ過ぎて通常あまり目立ちませんよね。

ところが、つむじが二つある人はちっちゃなハゲを二つ持っているわけです。

そしてそのハゲが大きいほど事は重大になっていくのです(汗)

それでは「つむじの二つのハゲ」の具体的症状について見ていきましょう。

二つのつむじがハゲに見える傾向は主に3つのパターンが考えられます。

①症状1 つむじとつむじの間が薄毛に見える

一つ目のパターンは、このつむじが頭部に二つあることによって、つむじとつむじの間が薄毛に見えてしまうものです。

つむじの中心(渦の中心の髪の無いない部分)が小さい人なら特に問題は無いのですが、やや大き目の人だと要注意です。

二つのつむじ間の距離が狭いほど薄毛に見えてしまいます。

②症状2 二つのつむじ自体がそれぞれハゲ化している

もう一つのパターンは、つむじがすでに脱毛によってハゲ化してしている場合、二つつむじがあることによってまとまった一つの大きなハゲに見えてしまうものです。

こういう人はもともとつむじ周辺が薄毛であることに加え、気になるのでついつい髪を触る回数が増えてしまい、余計抜け毛を促進させる傾向があるようです。

③症状3 O字ハゲになる

O字ハゲとはAGA(男性型脱毛症)の診断方法の一種だそうです。

男性の薄毛は頭頂部から薄くなるパターンと額の生え際から後退するように薄毛になっていくパターン、またはその両方が同時に進行していくパターンの3つに分けられるようなのですが、O字ハゲは前者のパターン・・・頭頂部から薄くなることを言います。

頭頂部ですから当然つむじからハゲに進行していくわけです。

O字ハゲのイメージ図
O字ハゲのイメージ図

このようにO字ハゲの場合、頭頂部がカッパの皿のように円くハゲてしまいます。

さて、二つのつむじハゲについて述べてきましたが、そもそもつむじハゲができる原因って何なのでしょうか?

つむじハゲができる基本的な原因を学んでいきましょう!

①原因1 生活習慣(食生活・睡眠・嗜好品等)

当たり前のことですが、乱れた生活習慣は髪に悪影響を与えてしまいます。

食生活においては肉食を好む人にO字ハゲが多いという説もあります。 (参考)http://artefaz.com/

好きな物ばかり食べている偏った食生活では栄養が偏り育毛に必要な栄養が補われません。

また、睡眠不足、喫煙、頭皮の不潔などは脱毛を促してしまったりするようです。

(参考)http://konatoki.com/%E5%81%A5%E5%BA%B7/%E8%96%84%E6%AF%9B/841/

②原因2 遺伝

遺伝・・・その言葉で片づけられてしまうとぐうの音も出ないところですが・・・。

遺伝は母方父方どちらの影響も受ける可能性がありますが、面白い情報を見つけました。

どうやら母方の祖父に当たる方が薄毛だと自分も遺伝で薄毛になる可能性が大きいということです。 (参考)http://artefaz.com/

遺伝では仕方ない気もしますが、「ハゲ体質」を変えることで回避出来るかもしれないそうですよ。

ハゲ体質を変えるには・・・下記サイトをご参照ください。

(参考)http://artefaz.com/

③原因3 ストレス

ストレスとひとことで言ってもいろいろなストレスがありますが・・・

・肉体労働のストレス ・仕事の精神的ストレス ・髪へのストレス(過度なパーマや染毛) ・人間関係のストレス ・金銭関係のストレス ・薄毛を気にするストレス  等々

(参考)http://konatoki.com/%E5%81%A5%E5%BA%B7/%E8%96%84%E6%AF%9B/841/ http://artefaz.com/

挙げるときりが無いですが、どれも健康を害するものばかりです。

自分だけで抱え込まずに誰かに相談するなどしてストレス軽減できるといいですね。

ストレスは髪にも悪影響を与えています。
ストレスは髪にも悪影響を与えています。

動物性たんぱく質を摂り過ぎているひとは野菜中心の食事に変えてみましょう。

④原因4 男性ホルモン

そもそも論になってしまいますが、脱毛には男性ホルモンが影響しているようです。

思春期以降になり、男性ホルモンが脱毛を促すホルモンに変わってしまうと髪が育たなくなり、薄毛⇒脱毛という流れになってしまうそうです。

頭頂部には特に、男性ホルモンを脱毛を促すホルモンに変えてしまう5α-リダクターゼという酵素が多いのだそうです。

ちなみに・・・

つむじが二つ出来る原因というのはよくわかっていないようです。

なんでも母親の胎内に居るときにすでにつむじの数が決まるそうです。

胎児のころには、できているようです。 ということは、つむじが二つの方は 生まれる前から、つむじが二つの人として生まれることが 決まっていたようです。

あ!こんなところにも。つむじが二つある不思議。何故?自分だけ?

以上を踏まえて、つむじハゲになりやすい人の特徴をまとめてみました。

①食生活や睡眠時間などの生活習慣が乱れている人 (栄養不足になったり、髪の成長を妨げるでしょう。)

②両親または祖父母にハゲた人がいる人 (遺伝でハゲる可能性があります。)

③ストレスの多い人 (ストレスが原因で頭皮の血流が悪くなりハゲる原因になることもあるようです。)

④体毛が濃い人 (体毛が濃いということは男性ホルモンが多い人です。男性ホルモンが多いということは脱毛ホルモンに変わる可能性が大きいでしょう。)

ハゲになる原因
ハゲになる原因

不規則な生活や遺伝など、様々な要因があります。

つむじは頭の中で最も血行の悪い部分なのだそうです。

そこで大切なのは血行促進させること。有効なのはつむじ辺りの頭皮マッサージだとか。

そして、つむじハゲ体質を変えるということも試みる必要がありそうです。

もし、つむじに二つのハゲが出来てしまったら、以下のことを実行してみてください。

①クリニックに相談する

 クリニックではあなたのハゲがどのタイプのハゲかを診断し、個々に合った治療法を勧めてくれます。まずはプロに相談してみてください。

②生活習慣を見直す

 一番取り掛かりやすいことは自分で出来ること。

 食生活を見直し、動物性たんぱく質の取り過ぎに注意し、野菜や海藻などを取り入れてバランスのよい食生活にしましょう。

  また育毛に関して睡眠はとても大事です。規則正しい生活を心がけましょう。

③育毛剤を使う

 医薬部外品の育毛剤には育毛効果、脱毛予防、発毛促進効果などの成分が配合されています。 つむじはげ対策としても検討してみくてださい。

④頭皮マッサージをする

 頭皮の血行を促進するために頭皮マッサージの習慣を取り入れましょう。

 マッサージをすることによって頭皮も柔らかくなり血流もよくなるそうです。

⑤禁煙する

 もし愛煙家でしたらすぐに禁煙をおすすめします。

 喫煙が体によくないことは周知ですが、特に血行が悪くなり髪には非常に悪い環境を与えてしまうそうです。

食生活の改善を!
食生活の改善を!

動物性たんぱく質を摂り過ぎているひとは野菜中心の食事に変えてみましょう。

対策として育毛剤の使用をおすすめしましたが、育毛剤といってもたくさんあって何を選べばいいのか迷っている方はいらっしゃると思います。

今回はおすすめの育毛剤としてチャップアップをご紹介します。 無添加・無香料、ハゲラボで一番人気の育毛剤です。

全額保証書、充実したカスタマーサポートと、はじめて育毛剤を使用するといった方にもお求め安くなっております。 ぜひ一度チェックしてみてください。

つむじが二つという事実は自分では変えることのできない環境ですが、こうして学んでいくうちに対処法があることがわかりましたね。

まずはセルフチェックとプロによる診断で現状把握を行い、プロのアドバイスや成功者の体験談をもとに対策を取っていきましょう!

諦めないでがんばりましょうね!!

ハゲラボではつむじはげに関係する記事を多数取り揃えています。

気になる方は是非チェックしてみて下さいね。 つむじはげ特集

一緒につむじはげを治していきましょうね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。