目次

  1. 2つのつむじを隠す方法が知りたい!
  2. 《髪型》つむじ2つをカムフラージュ
  3. 《増毛》つむじ2つを完全に隠す
  4. 《植毛》つむじ2つに毛を植える
  5. つむじ周りのハゲ予防も忘れずに!

つむじは、頭頂部周辺にある、毛が渦を巻くように生えている部分。

非常にレアなケースですが、このつむじが2つある方がいらっしゃいます。あくまで噂ですが、野球のイチローもその一人とか。

つむじの中心には毛がなく、地肌が見えやすいことから、「ハゲ」に思われることもしばしば。

それが2つある方にとっては悩みの種。どうにかして隠したいところです。

そんなコンプレックスをお持ちの方に、ヘアラボが「つむじ2つを隠す対策」を3つ紹介します。

1つ目の対策は「髪型を変えて、つむじ2つをカムフラージュする」。

美容師さんによると…

  • ショートヘアにする
  • 長めのヘアスタイルにする
  • スタイリング剤を使ってボリュームを出す

などの対策があるようです。

ただし、つむじの大きさや毛の流れ、髪の毛のクセなどは、十人十色。
うまくつむじ2つを隠すことができ、しかもあなたに似合う髪型を作れるかどうかは、美容師さんの腕にかかります。

まだ信頼できる美容室に巡り合っていないという方は、薄毛専門のヘアサロン『スヴェンソン』に相談してはいかがでしょうか。

スヴェンソンは薄毛専門のデザインカット&スタイリングをしてくれるサロン。完全個室制で、全国に店舗があります。

出典『スヴェンソン』公式サイト

2つ目の対策は「増毛して、つむじ2つ(もしくは1つ)を完全に隠す」。

増毛とは「人毛や人工毛をつけて、髪をボリュームアップする方法」のこと。

増毛する毛でつむじ2つ(もしくは1つ)をすっぽり覆い、ハゲを隠すことができます。

ウィッグ(かつら)に似ていますが、増毛は自分で着脱する必要がありません。シャンプーするときも寝るときも着けっぱなし。

いつもと変わらない日常生活が送れることが長所で、需要も増えてきています。

定期的にメンテナンスが必要というデメリットもありますが、たちどころにつむじ2つを隠せる点は、大きな強みです。

※毛包とは、毛の根元を包む組織のこと。髪の毛を「毛包ごと」移し替えるのが、植毛です。

3つ目の対策は「植毛(自毛植毛)でつむじ部分に毛を生やす」。

自毛(じもう)植毛とは、「頭皮の一部から毛を採取し、その毛を別の部分に植え込む方法」。

いわば"髪の毛の引っ越し"です。

外科手術のため、体への負担はありますが、移植した毛がうまく根付けば、以後、自分の毛が半永久的に生え変わります。これは大きな魅力ですよね。

ただし、つむじへの植毛は、毛の流れを再現する技術を要することから、施術が難しい部位。

場合によっては断られることもあり、事前の確認が必要です。

以上、つむじ2つを隠す3つの方法を紹介しました。

  • 髪型を変えて、つむじ2つをカムフラージュ
  • 増毛で、つむじ2つを完全に隠す
  • 植毛でつむじ部分に毛を生やす

ご自身に合うと思われる対策を検討してみてください。

また、加齢とともに、つむじ周りの髪も薄くなっていきます

そうなると、余計に地肌が目立ってしまうので、薄毛予防をすることも大切。

おすすめは、男女・年齢問わずに使える育毛剤によるセルフケア

ヘアラボ推薦の育毛剤、「チャップアップ」を以下に紹介しますので、つむじ2つを隠す対策とあわせて、ハゲ予防をしていきましょう。