目次

  1. 前頭部・おでこのハゲは目立つから何とかしたい!
  2. 前頭部・おでこのはげとは?
  3. 前頭部・おでこのはげの原因は?
  4. こんな人は要注意!
  5. 前頭部・おでこのはげの対策方法まとめ
  6. 前頭部のハゲ対策に育毛剤の使用を初めてみませんか
  7. 前頭部・おでこのハゲの原因と対策をしっかりと把握しましょう

ハゲの中でも、最も人目につきやすいのが、前頭部・おでこのハゲ。 どんどんおでこが広くなってきた! なんて、毎日鏡の前でため息をつく男性が増えてきました。

放っておいたら、どんどんハゲが進行してしまいます。 今すぐ一緒に対策しましょう。

原因やなってしまいやすい人の特徴からおすすめの育毛剤まで! たっぷりとご紹介します。

前頭部のハゲ

前頭部のハゲ

人から最もバレやすい場所

前頭部・おでこのはげはどんな症状なんでしょうか?

ある日突然髪が抜けるというよりも、徐々に薄くなっていき、産毛ばかりになってハゲていくパターンが多いようです。 生え際の位置が後退していき、おでこが広くなっていくハゲなんです。 ハゲの範囲が広がっていくと、頭頂部のハゲとくっついて、より広範囲なハゲになってしまいます。

前頭部・おでこのハゲ

前頭部・おでこのハゲ

生え際が後退していき、おでこが広くなっていく

前頭部・おでこのハゲはどんなものかがわかったところで、今度は原因について考えていきましょう。 考えられる理由は3つあります。

・DHT ・血行不良 ・食生活

1つだけ当てはまる人もいますし、複数該当する人もいます。 それぞれを詳しく見てみましょう。

⑴DHT

まずは、「DHT」という男性ホルモン。 こちらは、髪の育毛・発毛サイクルを邪魔するホルモンなのです。 DHTが受容体とくっついて、髪の成長の作用をストップさせてしまうんです。

育毛・発毛サイクルが止まってしまうと、髪はやせ細っていき、抜けてしまいます。 そのまま生えることなく、ハゲになってしまうんです。 このようなハゲの症状を「AGA」と言います。

DHTは、前頭部や頭頂部に多くあるホルモンなんです。 このホルモンが増加すると、ハゲになりやすくなってしまうと言われています。

(2)食生活

偏った食生活も、前頭部・おでこのハゲにつながるので、注意が必要です。

髪が生えるためには、タンパク質や亜鉛、カルシウム、ビタミン等たくさんの栄養素が必要だって知っていましたか? 外食やお惣菜等で食事を済ませることが多いと、特定の偏った栄養素しか摂れないことが多いんです。

また、こういった食事は、脂質が多いですよね。 そうすると、皮脂が出過ぎて毛穴が詰まり、髪が抜ける原因になってしまう可能性があるのです。

(3)血行不良

最後に血行不良。 「体の血行不良」と「頭皮の血行不良」の2つが考えられます。

・体の血行不良

外食等をやめてバランスの良い食事を取ればそれで解決!では残念ながらありません。 栄養素は消化器官で分解された後、血液に乗って体中を巡ります。

そのとき、体の血行が悪いとどうなるでしょう? 流れる血液の量が減り、それと同時にその中の栄養素も減ることになります。

髪の毛に栄養が回るのは実は、一番最後になります。 ただでさえ届く量が減るのに、この上血行不良でますます栄養が足りなくなります。 そうすると、髪が生えなくなってしまいますよね。

・頭皮の血行不良

頭皮の血行が悪いのも、髪の生えない原因になります。 よくハゲの人の頭皮を触ってみると、固いことがありますが、それは頭皮の血行不良が原因なんです。 全身の血行がよくても、頭皮がカチカチだと、髪に栄養が流れて行きません。

血行不良

血行不良

体に血液が流れにくく、栄養も行き渡らない

原因を3つ書きましたが、前頭部・おでこのハゲになりやすい人には、実はある特徴があるんです!

・ストレスを溜めやすい人 ・運動不足の人 ・睡眠時間が短い人

あなたに当てはまるものはありますか? どうしてこの人達がなりやすいのか、説明します。

⑴ストレスを溜めやすい人

先ほどの血行不良の原因を作りやすいのが、この「ストレス」になります。 ストレスが溜まると、血管が収縮して、血液が流れにくくなってしまうんです。

先ほども言いましたが、血行不良は髪に栄養が流れにくく、ハゲの原因になります。

また、ストレスによって胃痛を引き起こす人もいます。 こういった人は、食べてもきちんと消化できません。 せっかく髪にいい物を食べても、分解・吸収できずに体の外へ排泄されてしまうことが多いんです。

⑵運動不足の人

運動不足の人は、体が凝り固まっていることが多いです。 そうすると、全身の血行不良になりがちです。

髪に栄養を行き渡らせるためにも、適度な運動が必要なんです。 簡単なウォーキングや、通勤中にエスカレーター・エレベーターではなく、階段を使う、等して、普段から少しずつ運動してみましょう。

運動不足を解消しよう

運動不足を解消しよう

適度な運動をして、血行をよくしよう

⑶睡眠時間が短い人

睡眠不足の人も、前頭部やおでこのハゲを発症しやすいんです。

体の細胞、1日のいつ頃盛んに分裂をするか知っていますか? 実は、夜、睡眠時間中によく行われると言われています。 髪の細胞も同じです。

髪が成長すべきときに眠っていないと、上手く細胞分裂できず、髪が生えなくなってしまいます。

DHTや血行不良や食生活が原因でハゲやすくなり、ストレスや運動不足、睡眠不足の人は注意しなければいけないことがわかりましたね。

では、こういった人がハゲないようにするためにはどうしたらいいんでしょうか? 実は日常生活で改善できることもあるんです。 例えば、こんな方法です。

⑴湯船に浸かる

お風呂をシャワーだけで簡単に済ませていませんか? 1日が終わると、体は結構凝ってしまっています。 放っておくと、どんどん血行が悪くなります。

シャワーは短時間で済ますことができますが、体の凝りをほぐすには不十分です。 面倒でも、湯船にきちんとお湯をためて下さい。

湯船に浸かって、ゆったりと体を休めましょう。 暖かい時期でも、体は気づかないところで冷えてしまっています。 冷えは、血行不良につながるので温める必要があります。

お風呂にきちんと浸かると、全身の血行がよくなっていきますよ。

⑵大豆を多く摂り、バランスよく食べる

髪の成長に必要な栄養素はたくさんあると書きました。 ですが、どれか特定の栄養素だけを摂取しても、ダメなんです。

タンパク質、亜鉛、カルシウム、ビタミン等々・・・。 こういった栄養素をバランスよく食べましょう。

さらに意識して多く摂取して頂きたい食品があります。 それは、大豆!

大豆には、「イソフラボン」という成分が含まれています。 こちらは、女性ホルモンと似たような働きをしてくれるんです。

女性ホルモンは、男性ホルモンの働きを抑制してくれます。 ですから、DHTの働きも邪魔してくれる効果があります。 イソフラボンで、女性ホルモンの代わりをしてもらう、ということなんです。

⑶目を使い過ぎない

頭皮の血行不良の原因の1つに、「目の使いすぎ」というのがあります。

パソコン、スマホ、タブレット、電子ゲーム。 毎日の生活に便利な電子機器が、溢れかえっていますね。 あなたは1日のうち、どれぐらいこういったものを使っていますか?

使い過ぎると、目が痛くなったことはありませんか? それは、肩や頭が凝ってきている証拠。 血行不良を起こしていますね。

また、目と前頭部・おでこはとても近い位置にあります。 目の周りの筋肉が凝ってくると、前頭部やおでこ付近の血行にもとても影響しやすいんです。

電子機器の使用は時間を決めて、やりすぎないようにしましょう。

電子機器の使いすぎに注意

電子機器の使いすぎに注意

目が疲れて血行不良になりやすい

ここで書いたような対策も、もちろん有効です。 ですが、この対策だけではちょっと不安・・・という方、いませんか? そんな人には、育毛剤の使用をおすすめします。

上の対策と合わせてやると、効果が期待できますよ。 おすすめの育毛剤は、こちらです。 ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

まとめると、前頭部やおでこのハゲの原因は、 ・DHT(ジヒドロテストステロン) ・血行不良 ・食生活

が考えられます。

これらは、運動をしたりして血行を良くし、バランスの良い食事を摂る等すれば改善できます。 育毛剤を一緒に使うのもおすすめですね。

こういった対策をきちんと取って改善していきましょうね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。