目次

  1. 側頭部の薄毛が気になる…
  2. 側頭部から薄毛が進行する原因とは…?
  3. 側頭部からの薄毛対策
  4. 正しい方法で側頭部の薄毛を対策しよう!

側頭部、つまり頭の横のほうがハゲてきた…なんて人、いませんか?

多くの人は生え側であったり、頭頂部からハゲているのに、なんで自分は側頭部からハゲるのか、不安になりますよね。

そんな側頭部の薄毛は、他の薄毛とは少し原因が違い、同じように対策しても意味がないかもしれません。

そこで今回は、そんな側頭部の薄毛の原因と対策をご説明していきますね。

まずは側頭部から薄毛が進行する原因を見ていきましょう。

側頭部の薄毛にはさまざまな原因が考えられるので、今回は一般的に可能性が高そうなものを5つピックアップしました。

  • ①蛇行型円形脱毛症
  • ②脂漏性脱毛症
  • ③皮膚炎・湿疹に伴う脱毛
  • ④栄養障害による脱毛
  • ⑤牽引性脱毛症
  • ⑥頭皮環境の悪化

順番に説明していきますね。

①蛇行型円形脱毛症

1つ目の原因は、蛇行型円形脱毛症

円形脱毛症を知っている人は多いと思いますが、蛇行型は、これが広範囲に多数発生している状態のことです。

円形脱毛症同士が合わさり、いびつな形に広がっていくので蛇行型と呼ばれているんですね。

後頭部から側頭部、生え際など、どこにでも生じる可能性があります。

ストレスが原因という説や、アレルギー反応によるものという説があり、はっきりとしたことは分かっていません。

治すのが難しいといわれており、根気のいる治療が必要になってくるでしょう。

②脂漏性脱毛症

2つ目は脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏性脱毛症とは、過剰に分泌された皮脂(注1)がフケになり、細菌やダニが繁殖して毛根にダメージを与えることによって髪の毛が抜けてしまう脱毛症のこと。

頭皮が脂っぽい、ベタつく、といった特徴がある人は、この脂漏性脱毛症の可能性がありますよ。

皮脂の分泌が特に活発になる思春期や成長期の男性に起こりやすいのですが、女性に起こる可能性もあります。


注1:頭皮を外的な刺激などから守るために分泌されている脂

③皮膚炎・湿疹に伴う脱毛

3つ目は皮膚炎・湿疹に伴う脱毛

間違ったヘアケアや、パーマ液・カラーリング剤の刺激によって、頭皮に生じた皮膚炎・湿疹が原因の脱毛です。

短期であれば脱毛に発展することは少ないようですが、長期に渡って持続すると、その炎症が毛根にまで影響して脱毛につながることも。

さらに、かゆいからといって掻いたりすると、頭皮ダメージから脱毛の原因になります。

④栄養障害による脱毛

4つ目は栄養障害による脱毛

これは、一般的な食生活を送っていればほぼ起きない症状です。

ですが、断食などの無理なダイエットをしている人は注意が必要ですよ。

あまりにも栄養の摂取量が少なすぎると、髪の毛に必要な栄養が不足し、薄毛を引き起こす原因になることも。

また、食事を取っていても、それが極端に偏っていると、髪の毛に必要な栄養が不足し、側頭部の薄毛につながる可能性があるので注意が必要です。

⑤牽引性脱毛症

5つ目は牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、髪の毛が引っ張られることによって進行する薄毛の症状で、髪を結ぶ機会が多い女性によく見られます

長期間にわたって髪の毛に負担がかかることで頭皮が血行不良を起こし、髪の毛の成長に必要な栄養が届かなくなり、薄毛が進行するというメカニズム。

いつも髪を結んでいる人や、ずっと帽子をかぶっている人がなりやすい脱毛症です。

⑥頭皮環境の悪化

6つ目は頭皮環境の悪化です。

かなり漠然とした言い方ですが、これは、日々の誤ったスタイリングや洗髪によって、頭皮にダメージが蓄積されていたり、不摂生などで頭皮の血行が悪くなっている状態のこと

髪の毛は頭皮から栄養をもらって成長するので、まず頭皮が健康でなければ健康な髪の毛を育てることはできないのです。

よほど悪化しない限りは側頭部の薄毛にまでは至りませんが、可能性があることは事実ですので、思い当たる方は注意が必要ですよ。


さて、ここまでで側頭部の薄毛を引き起こす6つの原因について解説してきました。

ここで挙げたもの以外にも、側頭部の薄毛を引き起こす原因はさまざまです。

原因が分からない、という人は、皮膚科・クリニックに受診するのがおすすめですよ。

では、ここであげた原因に該当する場合、どのような対策を取ればよいのでしょうか…?

続いて解説していきますね。

先ほどご紹介した症状ごとに対策を見ていきましょう。

皮膚科・クリニックに受診する

①②③の脱毛症は、セルフケアでは回復が難しいのが現状です。

なので、当てはまっている、と感じた人はすぐに皮膚科・クリニックに受診することをおすすめします。

誤ったセルフケアをすると悪化する恐れがありますし、放っておいても治りにくいですからね。

薄毛は相談しづらい悩みですが、早期治療が大切ですので、治療のプロにお任せしましょう。

食生活を改める

栄養障害による側頭部の薄毛対策はシンプルで、食生活の改善です。

ですが、ただ食事をとるだけではなく、栄養バランスを意識しましょう。

特に、髪の毛にとって重要なのは、タンパク質・ミネラル・ビタミン類なので、これらをバランスよく摂取していくことが大切。

とはいえ、薄毛が進行している場合は、食生活を改めるだけではなかなか改善できないかもしれません。

その不安がある人は、さきほども述べたように皮膚科・クリニックに受診するか、これから紹介する育毛剤を試してみてください。


髪に必要な栄養をご紹介している記事を載せておきます。
詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

髪型を見直す

牽引性脱毛症対策として最も大切なのは、髪が引っ張られないようにすること

髪が長くて結わいている人は、思い切って短くするのも手です。

仕事柄、髪を結んだり帽子をかぶらざるを得ない人もいると思いますが、仕事終わりや休日は、髪や頭皮をいたわって負担がかからないようにすることが大切ですよ。

具体的には、髪は結わかない、帽子は必要な時以外被らないようにするなど。

小さなことかもしれませんが、こうしたことの積み重ねが頭皮環境の改善に繋がるのです。

頭皮に負担をかけにくいケアをご紹介した記事を載せておきますね。
併せて読んでみてください。

育毛剤を使う

頭皮環境の悪化に対しては、育毛剤がおすすめですよ。

育毛剤には、頭皮の血行改善による育毛効果や、発毛促進・抜け毛予防効果があるものが多いので、頭皮環境を整える手段としておすすめできるんですね。

ただし、育毛剤を使うからといって、誤ったヘアケアや洗髪を続けるのはよくありませんよ。

正しいケアなどはこちらを参考にしてみてください。

また、先ほど挙げたような皮膚科・クリニックへの受診が必要なものには、育毛剤の効果が期待できない場合もあるので注意が必要です。

今回おすすめするのはヘアラボでも人気の育毛剤、チャップアップ

育毛効果はもちろんのこと、サポート面でも充実していて、永久返金保証もあります。

商品に自信があるからこそできることですよね!

気になった方はぜひ公式サイトを見てみてください。


※側頭部の薄毛の原因が分からない方は、皮膚科・クリニックに受診し、相談したうえで育毛剤の使用を判断しましょう。

いかがでしたか?

側頭部の薄毛の原因と対策をご紹介していきました。

今回ご紹介した以外にもさまざまな原因がありますが、側頭部の薄毛は厄介なものが多いです。

セルフケアをするよりは、皮膚科やクリニックに相談するのがおすすめですよ。

正しい方法でケアして、側頭部の薄毛を改善させていきましょう。