目次

  1. 女性の頭頂部の薄毛と「エクステ」は、相性ピッタリ!
  2. 頭頂部の薄毛の女性にはエクステがおすすめ!
  3. なぜ、女性の頭頂部の薄毛にはエクステがいいの?
  4. 実際にエクステで頭頂部の薄毛を隠してみよう!
  5. こういう女性は頭頂部の薄毛をエクステで隠そう!
  6. ただ、本気で薄毛を解消したい人にはおすすめできないかも。
  7. 薄毛を直したいなら、女性用育毛剤がおすすめ
  8. 頭頂部の薄毛に悩む女性、治したいなら育毛剤もおすすめ

ヘアアレンジの一環として、特に若い女性の間ですっかり定着しているエクステ(ヘアエクステンション)ですが、最近は薄毛が気になる中高年の女性の間でも、人気が高まってきているようです。

なぜなら、女性の薄毛をカバーするのに、おすすめアイテムだからなんです!

どうして女性の頭頂部の薄毛とエクステは相性がいいのか、薄毛を隠すにはどんなエクステを使ったらいいのか、気になりますよね。

早速、その疑問にお答えしていきましょう。

気になる部分をエクステでカバー

気になる部分をエクステでカバー

地毛とも自然になじませることができるエクステなら、違和感なくボリュームアップができますね。(写真はイメージです)

エクステが力を発揮するのが、女性の頭頂部の薄毛をカバーする時です。

つむじや分け目など、頭頂部の頭皮が目立つようになってしまったら、エクステで隠すのが手軽でな方法です。

こんな薄毛には、ぜひエクステを

頭髪全体が減っているわけではないけど、分け目などが目立つようになってきたら、ぜひエクステを試してみてください。

エクステは女性だけでなく、もちろん男性にも使うことができます。 男性の薄毛対策におすすめのエクステ、というのも、探せばいろいろ見つけることができます。

でも、薄毛をカバーする目的なら、男性よりも女性の方がより便利に、効果的にエクステを使うことができる可能性が高いのです。

それはなぜなのでしょうか。 いくつか理由が挙げられますので、詳しく見ていきましょう。

⑴地毛が残っているから

男性の薄毛は、髪が抜けてその後に生えてこない、というのが特徴で、薄毛が進行した部分はいわゆる「禿げた状態」になりやすいものです。

これに対して女性の薄毛は、一本一本の髪が細くなり全体のボリュームがなくなる、というのが特徴で、薄毛が進行した部分の髪はなくなるわけではありませんが、頭皮が透けて見えるようになるのです。

エクステというのは、地毛に結び付けたりテープや留め具で固定したりすることで、頭髪全体のボリュームを増すものですから、そもそも地毛が残っていないと使えません。

地毛が残っている女性の薄毛であれば、エクステを使ってカバーすることが可能なのです。

⑵気になる一部を隠すだけで十分効果的だから

女性の薄毛は、前述したように頭髪全体のボリュームがなくなることで、薄く見えるようになります。でも、頭髪全体の本数はさほど減るわけではないので、目立つ部分だけをカバーできれば、薄毛は格段に分かりにくくなります。

目立ちやすいのが、頭頂部のつむじはげや分け目などです。ですから、この狭い範囲さえ目立たなくなれば、OKなのです。

エクステは狭い範囲の毛量を一時的にアップさせるのに効果的なので、女性の薄毛をカバーするにはぴったりと言うわけですね。

⑶すぐにヘアアレンジができるから

女性は、男性以上にヘアスタイルを楽しんでいる人が多いのではないでしょうか。

髪の長さやパーマの有無、日によって気分によって髪形を変えてみる、という人もいるでしょう。

エクステは、その長さやパーマの有無、色など、そもそもの自分の毛髪に近い状態のものを選んで増毛することができるので、その日からすぐにいつも通りのヘアアレンジを楽しむことができます。

これは、女性にとっては嬉しいポイントですよね。

エクステと一口に言っても、やり方は様々です。

自分で手軽に付けたり外したりできるものもあれば、美容院などで専門的な技術を持った人に付けてもらわなくてはならないものもあります。

ここでは、エクステのいろいろなタイプと付け方をご紹介します。自分にはどんな方法が相応しいか、参考にしてみてください。

⑴編み込みタイプ

地毛の細い束に、同じく細い束にしたエクステを、三つ編みや四つ編みなどで編み込み、糸状のゴムを使って留めていくやり方です。 エクステと言えばまずこのタイプを思い浮かべる人も、多いのではないでしょうか。

地毛とエクステがしっかり固定されるので、馴染みやすく長持ちします。 外したい時にはゴムと編み目を解けばOKです。

厄介な点としては、自分ですることは難しいので、美容院やヘアサロンでやってもらうことになり、しかも時間がかかるのでその分費用もかかります。

外す時にも、時間がかかることを覚悟しておきましょう。

また、編み込んだ部分に違和感が生じる場合が多く、目立ちやすいということも、覚えておいた方がいいでしょう。

⑵クリップタイプ

ある程度の量の毛が、つむじや分け目の形に整えられた状態のものを、地毛にクリップで固定し、ブラシなどで周りの地毛に馴染ませます。

つむじや分け目といったごく狭い部分だけを、ピンポイントで隠したい場合などに、おすすめできるタイプです。

自分で簡単に着脱することができるので、お出掛けの時だけ、というようなほんの短時間の使用も可能です。 何度でも繰り返し使えるのも嬉しいですね。

注意点としては、固定するのにクリップを使うので、それに耐えられるだけの地毛がしっかりあることが前提になります。

クリップで留めるだけ!

クリップで留めるだけ!

ぱちんと留めてブラッシングするだけなので、慣れれば本当に簡単に使用できるようになります。 (イメージ画像)

⑶シール(テープ)タイプ

特殊な防水加工を施したシール(テープ)が、エクステの束の根元についており、それを地毛に貼り付けて固定します。

美容院やヘアサロンで付けてもらうこともできますし、自分で購入して装着することもできます。 ただし、自分では取り外しができない商品もありますので、注意しましょう。

また、自分で装着すると、あまり長持ちしない場合が多いようです。

価格は比較的高めに感じますが、シール(テープ)を張り替えたり、重ねて貼ったりすることで、繰り返し使用することができます。

平面で貼り付けていくので、編み込みのように立体的にボコボコと目立ってしまうことが少ないです。 その反面、根元からのボリュームを出したい場合などは、思うようにいかないことも確かです。

⑷結び付けタイプ

編み込みと似ていますが、こちらは地毛一本に対して数本の毛を結び付けていくという方法です。 増毛を目的としたエクステの場合、よく行われるのがこのタイプです。

一本一本に地道に結び付けていくので、自分ではできません。

美容院やヘアサロンで、専門的な技術を持った人に付けてもらわなければなりませんし、なかなかの手間と時間が必要です。

800本増毛する(200本くらいの地毛に結び付ける)のに、だいたい2~3時間かかると思ってください。

その分、違和感がほとんどなく、より自然な仕上がりになります。

あまり気を遣うことなく、地毛と同じように洗髪したりパーマをかけたりすることができます。

数ヶ月に一度くらいの頻度で調整が必要ですが、その他に不便を感じることはあまりないようです。

⑸超音波タイプ

特殊な加工を施したエクステの端を、超音波の出る機械を使って溶かしながら、地毛に接着していく、という方法です。

専門的な技術が必要なので、美容院やヘアサロンでお願いしましょう。 外す時にも専用の薬液を使うので、自分ではできません。

接着部分があまり目立たず、自然な仕上がりになります。 地毛と同じようにブラッシングや洗髪をしても、絡まりにくいです。

難点としては、現時点ではこの方法を導入している美容院やヘアサロンが少ないこと、費用が高いことなどが挙げられます。

⑹その他のタイプ

他には、金属チップや熱で収縮するチューブ、シリコンキャップなどに地毛とエクステを通し、ぎゅっと潰したり縮めたりすることで固定する方法があります。

これらの方法は、ごく小さいながらも異物が一緒に付いている状態になるので、違和感があり、目立ってしまうこともあるそうです。 頭皮や地毛への負担も大きいので、薄毛をカバーするにはあまり向いていない方法と言えるかも知れません。

エクステを特におすすめしたいのが、薄毛が始まったばかりの人や、ごく狭い範囲に限られている人などです。

エクステに頼る部分が少なければ少ないほど、自分自身の毛髪を活かすことができますし、より自然なヘアスタイルに仕上げることができるからです。

➀最近つむじや分け目が気になり出したという人

薄毛が気になり始めたばかりなら、エクステでしっかりカバーすることができます。

ひとまず手軽なタイプのエクステから始めてみるのはいかがでしょうか。

今まで通りのヘアスタイルを続けることもできますし、気持ちの上でもモチベーションが上がりますよね。

女性の薄毛は、精神的なストレスに起因するところも大きいと言われているので、薄毛を気にすることで更に薄毛の進行を招いてしまうことも考えられます。

それを防ぐためにも、エクステを使って今までと同じ自分をキープすることは、大切なことではないでしょうか。

②とりあえずすぐに薄毛を隠したい人

近々同窓会があるんだけど…なんていう時、自分で簡単に装着できるクリップタイプやシール(テープ)タイプのエクステなら、すぐに薄毛をカバーすることができます。

必要だと感じる時だけ薄毛をカバーしたい、という人は、手軽に着脱できるタイプのエクステを手元に置いておくと、いざという時も安心ですね。

お出かけの時だけ、という使い方も

お出かけの時だけ、という使い方も

必要に応じて好きな時に使えるというのも、エクステの嬉しいポイントです。 (イメージ画像です)

③気になる狭い部分だけを隠したい人

ここだけ何とかしたい、というように、ピンポイントでカバーするなら、エクステは本当に便利です。

地毛とうまく馴染ませることができれば、見た目にも違和感はほとんどありませんから、周囲の人にも薄毛を隠しているとはまず気付かれないでしょう。

薄毛をカバーするには、エクステはとても便利だということは、お分かりいただけたのではないでしょうか。

でも、薄毛を根本から治したいと思っているなら、残念ながら最善の手段だとは言えません。

以下に挙げるような方には、エクステはあまりおすすめできません。

⑴地毛がかなり弱っている人

地毛があまりにも細過ぎたり短過ぎたりすると、エクステを付けることができません。

また、エクステを付けることは可能な状態であっても、地毛がエクステの重さや刺激に耐えられなければ、切れたり抜けたりしてしまうこともあります。

そうなると、ますます薄毛が進行してしまいますよね。

地毛にある程度以下の強度しかない人の場合は、地毛そのものを強くする必要がある、ということになります。

⑵薄毛が広範囲にわたって進行している人

部分的な薄毛をカバーするには、手軽で便利なエクステですが、あまりにも範囲が広いと大変です。

エクステを付ける手間も時間も費用もかかりますし、付けた後のお手入れもどうしても必要になってきます。

広範囲にわたってエクステに頼る、というのは、あまり現実的ではありません。

頭髪全体が明らかに弱っている、薄くなっている、という人の場合も、地毛そのものの状態を改善することが必要になってきますね。

⑶やはり自分の毛髪が若々しくあることが一番だと思う人

エクステは、はっきり言ってしまえば、あくまでも一時しのぎの手段です。

技術がどんどん進歩していますから、本当に地毛と見分けがつかないほど自然に薄毛をカバーしてくれる商品もたくさんありますが、やはりニセモノはニセモノなのです。

それに、付ける時も付けた後も、多かれ少なかれ手間がかかるものですし、使用が長期になればなるほど地毛への負担も心配です。

やはり、自分自身のイキイキとした毛髪を取り戻すことには、敵わないと思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。

頭頂部の薄毛を隠すにはエクステがおすすめです。 もし薄毛を隠す、ではなく治すために何かをしたいと思っている人には育毛剤がおすすめです。

育毛剤=男性用というイメージがある人もいらっしゃるでしょうが、実は最近は女性のために作られた育毛剤もたくさんあるんですよ。

もし育毛剤を使ってみたいと思っている人は、今回ハゲラボで人気の女性用育毛剤であるベルタをご紹介するので一度チェックしてみてください。

いかがでしたか。

女性の薄毛を隠すにはもってこいのエクステ、今まで興味がなかったという人にも、ぜひ試してみていただきたいです。

でも、やはりエクステにも限界はあります。

エクステで薄毛をカバーしている間に、食事や運動などの生活習慣を見直したり、できるだけリラックスして過ごす時間を作るなど、自分自身の改善についても努力してみましょう。

そうすることで、エクステに頼らなくてもいい自分を、取り戻せるかも知れませんよ。

エクステとも上手に付き合いながら、あなたがもっと素敵になれますように!

根本的な女性の薄毛対策ならこちらの記事がおすすめできます! ぜひご覧になってみてください。 【決定版】女性の薄毛対策方法10選〜今日から女性もハゲを予防〜


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。