目次

  1. 若ハゲだからって開き直るにはまだ早すぎる!
  2. 若ハゲ対策は早めにとりましょう
  3. 10代・20代の若ハゲとは?
  4. 若ハゲはなぜ起こる?
  5. 10代・20代の若ハゲの原因は?
  6. こんな人は要注意!
  7. 10代・20代の若ハゲの対策・改善方法7選!
  8. 若ハゲはコレが辛い…
  9. 【若ハゲ必読】正しい育毛剤の選び方
  10. 結局若ハゲにはどの育毛剤を使えばいいの?
  11. 育毛シャンプーで頭皮環境を整えよう
  12. 育毛剤を使う前にシャンプーで頭皮環境を健やかに
  13. 頭皮環境の改善におすすめのシャンプー
  14. どんな対策よりも、まずは頭皮の状態をチェック!
  15. 10代・20代の若ハゲの原因と対策をしっかりと把握しましょう
  16. 10代・20代の若ハゲ防止は動画でもっと多くの知識を!
  17. 若ハゲの関連記事はこちら

10代・20代に気付いた髪の毛の薄さ・・・。世間では若ハゲをネタにした芸人さん達が一世を風靡していますが、違うんだ、自分は何も笑いを取るためにハゲたんじゃない! そう思う人がほとんどではないでしょうか。

「ハゲなんて・・・気にしないよ♪」って、「いや、絶対気にするでしょ、ていうかすでに気にしてるでしょ」と合コン相手の女の子たちの容赦ない視線に何度叫びたくなったことか。

今回はそんな「若ハゲ」に効果的な対策、方法を見ていきましょう。

10代、20代だとまだ若ハゲ対策なんて早いと思っていらっしゃる方も多いでしょう。そんなことはありません。

10代、20代のうちに若ハゲ対策は早めにとりましょう。 若ハゲの対策を取ることについては早いということはありません。

  • 髪の分け目が目立つ?・・・
  • 抜け毛が増えた?・・・
  • 生え際が気になってきた・・・
  • 友人からハゲだとからかわれてる・・・

上記のような状況ならば早めに対策を考えましょう。 そのまま放置していると30代、40代になった時には生え際の後退や頭頂部の薄毛が進行していってハゲになってしまうという可能性があります。 今から、若ハゲ対策をしっかりとして30代、40代を迎えた時にハゲのことを気にしないで生き生きと過ごしたいですよね。

これから若ハゲのメカニズムや対策方法、若ハゲ予防のための方法を詳しく解説して いきますので、貴方の若ハゲ対策の参考にしてくださいね。

若ハゲと言われたら?

若ハゲと言われたら?

若ハゲ対策は早めが肝心です。早めに対策を取りましょう。

ハゲとは正式には「脱毛症」と言います。

10代・20代のハゲは、「まだハゲる年齢ではないにも関わらず薄くなり脱毛の兆候が頭皮に見られている状態にある」ということで、医学用語ではないのですが広義に「若年性脱毛症」と呼ばれています。 医学用語でないのにハゲ界では浸透している 「若年性脱毛症」。 造語でありながら、いかに若い世代で悩んでいる人が多いかが伺えます。

あれ?抜け毛が増えた?

あれ?抜け毛が増えた?

1日100本は普通、でもそれが櫛全体に絡まっているとしたら、100本どころではありません。さあチェック。

若ハゲとはそもそも何なのでしょうか。 どうしてハゲてしまっているのでしょうか。 一体若ハゲの頭には何が生じているのでしょうか。 さっと解説していきます。

若ハゲではヘアサイクルの乱れが起こっていると言われています。 人間の髪の毛は一定の周期で生え変わりを繰り返しているのですが、 そのサイクルのことをヘアサイクルと言います。

髪の毛一本一本にそれぞれヘアサイクルがあります。 2~6年の期間をかけて成長した後(成長期)、 2週間ほど、髪の成長が止まります(退行期)。 そして、3~4ヶ月間は完全に髪の毛の成長が止まり(休止期)、 やがて髪の毛が抜け落ちます。

若ハゲでは、このヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなってしまいます

十分に成長する前に髪が抜けてしまうため、細い髪の毛ばかりになり、 薄く見えてしまうのです。 また、通常のヘアサイクルでは、髪の毛全体の多くは成長期にあると言われますが、 成長期にある髪の毛の割合が低くなるので抜け毛が多くなります。

では、どうしてこのようなヘアサイクルの乱れが起きてしまうのでしょうか。 次に、具体的な原因をご紹介します。

若ハゲを招く、ヘアサイクルの乱れの原因とはなんでしょうか。 ハゲる。これは「遺伝要因」と「環境要因」それに「男性ホルモンの分泌具合」が絡み合っての結果です。 原因が見えてくれば対策として出来る事も見えてきます。ではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

⑴遺伝要因

「しょうがないよ、親父もハゲだし、じいちゃんもハゲだったしなぁ」

よく聞くセリフですね。 ハゲは遺伝すると言われますが、実は確かにその通りなのです。 ハゲの遺伝は、男性のみに「伴性優性遺伝」という方法で母方より受け継がれると言われております。 研究により、ハゲ遺伝子は母より受け継がれることがわかっており、母方の祖父がハゲていたら、自分も・・・という可能性は高いようです。

遺伝要因は、ことハゲに関してはかなり大きなキーとなるようですが、しかし似るのはあくまで「体質」であり、遺伝要因に大きく拍車をかけるのはむしろ次の(2)(3)の項目です

⑵環境要因

ハゲ遺伝子を受け継いでいたとしても、「環境要因」つまり日々の生活環境によりハゲ進行は大きく変化します。

偏った食事や、睡眠不足、喫煙や飲酒もそうですが、 悩み事や過度なストレスなども良くありません。

直接的に髪にダメージを与えるカラーリングやパーマをすることもあるでしょう。 その環境が長く続いてくると知らず知らずのうちに大事な毛根をも痛めつけ、若ハゲが進行していってしまうこともあるんですね。

⑶男性ホルモン

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性型脱毛症の最大の原因と言われ、別名「脱毛ホルモン」とも言われています。

男性ホルモンであるテストステロン(TH)は、時に体内で5αリダクターゼという還元酵素と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)になります。

ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞と結合すると、皮脂の過剰分泌を起こす原因になり「頭皮の状態が整わない」ことにつながってしまうのです。

そして⑴や(2)の遺伝要因、環境要因は、このDHT分泌の増減に大きく関わっています。

つまり、「ハゲは遺伝する」や「生活習慣によって禿げる」というのは、正確には正しくなく、若ハゲというのは結局、男性ホルモンによって引き起こされているんです。

言い換えれば、どんな要因が重なったとしても、この男性ホルモンの活動を抑えることが若ハゲを防ぐ最大のポイントとなるということです。

上記の原因より、要注意な人の特徴をまとめてみます

毎日バタバタと学校や仕事へ、いそいでファーストフードでお昼ご飯を済ませて深夜まで沢山の用事をこなす、疲れて帰ってきたら「いいや、朝入る」とお風呂に入らずバタンキュー。

実はすべて思い当たる。そんな方が多いのではないでしょうか。今日ぐらい、いつもじゃないし・・・それでは若ハゲまっしぐら、かもしれません。

1.睡眠不足、ストレスがかかる生活が続いている人

 睡眠不足は体の不調、修正力の低下をおこします。ストレスがかかるとその傾向はさらに強まります。慢性的な体調不良を引き起こし、気力低下を招く場合も。

ストレスで髪が抜けた、白髪になった、というのも、男性ホルモンはストレスにより分泌具合に明らかな変化が起こるため。グダグタに疲れる前に体を休めましょう。

2.食生活の乱れが著しく、ジャンクフードの摂取が多い人

 頭皮からの脂分の分泌は食生活に依存します。塩分や脂分の多い食事は毛根の育つ環境を脂ギトギト状態にするのも同じこと。 規則正しい食生活、栄養バランスの取れた食事は強い頭皮を育てますが、不摂生では健やかな成長はのぞめません。

ジャンクフード過剰摂取は若ハゲの原因
ジャンクフード過剰摂取は若ハゲの原因

食生活がジャンクフードに傾いていませんか

3. 頭皮の清潔が保てない人

 頭皮の清潔が保てず、不潔な状態での放置は頭皮の酸素不足を招きます。

酸素は頭皮よりもはいり、血流に乗り栄養分とともに循環しますが、頭皮が「息苦しい」状態では速やかな循環とはなりえません。

また菌の繁殖をおこし、結果的に毛包の感染をも招く場合も。 1日1回のシャンプーを心がけたいものです。

いったい若ハゲはどうしたら対策・改善できるのでしょうか...?

こちらでは、いよいよ、10代・20代の薄毛対策、改善方法を考えていきます。

AGAとしていきなり病院で治療を開始する前に自分でできる対策、改善方法を見ていきましょう。

できること、あるはずですよ。

⑴まずは髪の抜け具合をチェックしよう

若いがゆえに見たくない、気にしたくないと案外目を背けがちではないでしょうか。 ある日突然、思っていた以上に薄くなっていた・・・という悲劇にあわないために。

抜け毛は1日50本〜100本くらいが平均とされていますが、 ①それより多いか少ないか(シャンプー1回で50本を超えないかどうか) ②抜けた毛は太いか細いか ③抜けた毛は長いか短いか

今までよりも明らかに多い・・・というのは(季節に応じての変化はありますが)抜け毛・薄毛が進行し始めているというサインである可能性が高いです。 抜け毛の中で太い毛が多い場合は「毛髪の寿命」での抜けかもしれませんが、細く短い毛がよく抜けるようであれば、毛根や毛包が弱ってきたために成長しきれずに抜けた場合が考えられます。

まずは抜け毛チェック

まずは抜け毛チェック

大雑把な本数、太さ、長さなどチェックしましょう

⑵脱毛予防に効果的な育毛剤を使用する

育毛剤を使用する際は、まず、 自分の頭皮状態をきちんとチェックすることが大切です

頭皮に赤みや吹き出物がある、フケやかゆみがひどい、 などといった症状は、頭皮が異常状態にあるサインです。

頭皮に異常がある状態で育毛剤を使用した場合、 効果が出るどころか、返って頭皮にダメージを与えしまう可能性があります。

まずは、頭皮環境を良好に整えることが育毛剤使用の基本です

育毛剤は、使用を始めてからすぐに効果が出ることはあまり期待できません。 根気よく、継続して使用することで、少しずつ育毛効果が促されるというものです。

自分に合った育毛剤を選び、まずは一定期間継続して使用してみましょう。 あとで、育毛剤の選び方についても説明するので、そちらも参考にしてくださいね!

⑶バランスのとれた食生活を心がける

食生活はどうでしょうか。 若いうちはあまり気にしないどころか、好きなものを好きな時に好きなだけ、炭酸飲料やジャンクフードの過剰摂取なんて生活をおくりがちではないでしょうか。逆にダイエットに熱心になりすぎているなんてことはありませんか。

髪にとって必要な栄養素「ビタミン・アミノ酸・ミネラル」のバランスよい摂取がなされないと、元気な毛髪にも元気がなくなってくるそうです。 肉、乳製品、卵、野菜、穀物など、バランスよく3食しっかり食べることが髪にはとても重要です。

体にいい食事は髪にもいい

体にいい食事は髪にもいい

ビタミン・ミネラル・アミノ酸をバランスよく

⑷きちんと眠る

10代・20代の平均睡眠時間は約7時間。

そこそこ寝ているかなと思っていても、問題は「きちんと眠っている」かどうかです。

  • ベッドに入ってから携帯を開いていませんか
  • 1日のうちに軽い運動をしましたか
  • アイマスクやアロマテラピーなど、ここちよい入眠環境を作っていますか
  • 晩御飯後すぐの睡眠ではありませんか

体力のある年代なのでどうしても「睡眠」は後回しにしがち。出来るところから取り入れてよい睡眠を目指しましょう

睡眠時間をしっかりと確保しよう!

睡眠時間をしっかりと確保しよう!

無敵の早寝早起きを実践しましょう!

⑸適度な運動

適度な運動は軽い疲れを促し、心地よい睡眠へいざなう優しい睡眠薬にもなります。

ジョギングやストレッチなどで汗をかくと、代謝があがり体温が上昇します。血流が促進されることにより、頭皮にも酸素や栄養分が行き渡り易くなります。

仲間と楽しくスポーツをすると日ごろのストレスも一掃されそうですね。

有酸素運動は若ハゲ防止にも効果的

有酸素運動は若ハゲ防止にも効果的

適度な運動は頭皮環境の改善にも役立ちます

⑹丁寧に優しく洗髪

若ハゲ世代は、同時にオシャレに一番気を使いたいお年頃。整髪料を使う機会も多く、頭皮も脂っぽくなりがちなためについゴシゴシ強めに洗ってしまったりと負担をかける傾向にあります。

洗髪の際は、まず絡まりを取るためにきちんとブラッシング。勢いよく水で・・・ではなくぬるま湯でやさしく流しましょう。手のひらでシャンプーをよくあわ立て、優しく指の腹を使いながら泡で洗う感覚で揉むように洗ってください。ガシガシ洗わなくても頭皮の脂は取れます。

そして洗い終わったらしっかりすすぎましょう。コンディショナーやトリートメントも同様です。コンディショナーは少し髪の毛に残したくらいが保湿成分が浸透しやすいと勘違いされがちですが、頭皮に成分が残るとそこから毛穴が詰まったりすることもあるため、コンディショナーの後も丁寧にしっかりすすぎましょう。しっかり乾かすのもお忘れなく。

泡でやさしくマッサージ♪
泡でやさしくマッサージ♪

髪の毛の洗い方、間違ってない?

⑺自分の「ストレス解消方法」を見つける

「自分のために時間を使う」ことを恐れてはいけません。若ハゲには抗いがたい宿命とも言える「遺伝」要素がある、でもだからと言ってそれをストレスとして心に溜め落ち込むのは、なんとももったいない話です。

若ハゲを防ぐために出来ることはまだまだたくさんあります! 自分を大切にしてあげることもそのひとつ。 自分が楽しいと思えること嬉しいと思える時間を「意識して」持つようにしましょう。

ストレス退散!

ストレス退散!

ストレス対策は若ハゲ防止対策でもあり

多くの若者を悩ませる若ハゲ。

若ハゲになってしまうとやはり精神的ダメージが大きいですね。

ヘアスタイルが楽しめないだけではありません。

人目が気になって常に気分がうつむきがちになるし、 うまくいかないいろんなことがハゲのせいに思えてくる…

人間関係でのポジションも難しく、 悩んでいるのを悟られないようにするために あえて若ハゲをネタにするのはあまりにも悲しい

若ハゲを隠そうと帽子をかぶったり、 地肌とのコントラストをなるべく和らげるために髪を染めたりすると 余計に若ハゲを進行させてしまうことにも。

気になり始めると、日常の動作一つ一つ、「今の髪に悪いかも!」と 気になってしまいます。

そもそも若ハゲは一旦始まってしまえばだんだん進行していきます。 対策を打たなければ、今以上に髪の毛が増えてくることはありません。 若ハゲを放置しておくことに何もメリットはないのです。

若ハゲの悩みは今後もついてまわります。 楽しいはずの今の時代を、若ハゲのせいで台無しにされる前に、 しっかりと対策を施しましょう。

常に鏡が気になる…

常に鏡が気になる…

バレないか、進行してないか、 鏡とにらめっこの辛い毎日。 そんな日々から抜け出しましょう。

対策・改善方法7選のうちの一つとして「育毛剤の使用」を紹介しましたが、育毛剤であればどれでも若ハゲに効くというわけではないんです。

育毛剤を使用する前には、自分の頭皮状態を知ることが重要です。 しっかりと頭皮状態を把握し、自分に合った育毛剤を選びましょう

ここでは育毛剤の選び方について説明していきます。

自分の薄毛の原因や症状に合ったものを選ぶ

育毛剤は、

  • 血行を促進させる為に作られたもの
  • 男性ホルモンを抑制する為に作られたもの
  • 頭皮を清潔に保つ為に作られたもの

など、配合成分によって、作用や効果が異なります。

自分の頭皮状態をチェックし、症状や原因を理解した上で、それに合った効果が得られるものを選ぶことが大切です。

若ハゲの場合は、男性ホルモンが原因であることが多いので、「男性ホルモンの活動を抑えてくれると言われている成分が配合されているかどうか」が育毛剤選びの一つの指標となるでしょう。

コストパフォーマンスをチェックする

育毛剤は、根気よく継続して使用することで効果が得られる可能性を高めます。 そのため、続けやすいものであることは重要なポイントです。

内容量価格をしっかりとチェックして、 十分に継続して使用できるものを選びましょう。

ただ、どれだけ安くても効果が得られなければ使用期間が長くなり、結局あとで損をしてしまうので、価格が安いのは前提として、より高い効果が期待できる育毛剤を選びましょう!

副作用の可能性や評判をチェックする

育毛剤を選ぶ際に、副作用について確認するのは大切なことです。

現在は、深刻な副作用がある育毛剤はあまりありませんが、 「無添加である」「天然成分で作られている」など、できる限り副作用の可能性を排除することを意識して開発・製造されている商品を選ぶ方が良いかもしれません。

また、実際に使用した人の体験談などで評判をチェックすることもおすすめです。

上記をまとめると、若ハゲの人が育毛剤を選ぶ際のポイントは、

  • 育毛・発毛促進、抜け毛防止ことを目的として作られている
  • 低価格かつ育毛促進効果を出すことを目的として作られている
  • 天然成分配合で使い勝手に配慮した設計をされているか

となります。 この3つのポイントを考慮し、かつハゲラボでも人気なのはチャップアップという商品です。

「育毛剤を使ってみるのもアリかも」と少しでも思っているなら一度、チェックしてみてください。

今なら全額返金保証もあるので、気軽に試すことができますよ!

若ハゲは育毛剤での対策がおすすめですが、10代・20代の若ハゲであれば髪が育ちやすい環境を作るためのシャンプーを使用する人も多いです。

シャンプーをしたという爽快感や指通りが良いという感触はありますが、皮脂は頭皮を乾燥から守り、保湿をするためにも必要です。 頭皮環境がいいかどうかでも、育毛剤がそれだけ活きてくるのか、髪が育ちやすいかも変わってきますからね。

おすすめなシャンプーの特徴って?

薬用シャンプーとしてのおすすめはアミノ酸系のノンシリコンシャンプーです。

使い始めは髪がギシギシしたり、爽快感がないため洗った感じがしないかもしれませんが、使い続けるうちに気にならなくなっていく方が多いようです。

必要以上に皮脂を取り過ぎず、余分な汚れや皮脂を洗い流してくれるので頭皮環境を 整えてくれる可能性があります。

育毛剤はちょっと高いし、そこまで踏み切れない…と感じている方、まずはシャンプーを見直すことから始めましょう。

シャンプーはヘアケアの基本です。

シャンプーはヘアケアの基本です。

普段のシャンプーを少し見直してみませんか? 若ハゲ対策の基本になります。

①高級アルコールかどうか

市販されているシャンプーには、わざわざ「アルコール系」なんて書いてありませんよね。

数え切れない種類のシャンプーの中から頭皮に良いものを選ぶために、表示されている成分をしっかり確認しましょう。

次の成分が表示されているものは、高級アルコールシャンプーになります。

・ラウリル硫酸NA ・ラウリル硫酸カリウム ・スルホン酸NA ・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩 ・ラウリル硫酸アンモニウム

若ハゲを気にしている人は、これらの成分が含まれているシャンプーを避ける人が多いです。

②アミノ酸系シャンプーかどうか

では、アミノ酸系シャンプーはどんな成分でできているのでしょうか。

・ココイルグルタミン酸 ・コイルギリシンK ・ラウリル酸グリシン ・サルコシン

これらが表示されているシャンプーを選ぶ方が多いです。

頭皮のコリは、血行不良などが原因で起こります。

頭皮に血液が届かないということは、様々な対策をしても効果は半減してしまう可能性も。

まずは自分の頭皮の状態をチェックしてみましょう。

頭皮の状態チェック方法

①頭皮がつまめるか

頭頂部あたりを、人差し指と親指でつまんでみましょう。 頭皮が硬くてつまめない痛みを感じるという場合は、頭皮の状態は良くありません。

②押してみる

こぶしの第二関節で、マッサージをするように頭皮をグリグリ押してみて下さい。 頭皮が健康な状態の人は「痛気持ちいい」と感じますが、痛みを強く感じる場合には、頭皮が不健康になっています。

③むくみがないか

額の真ん中くらいを、指の腹で数秒押してみましょう。少し窪みができると思います。 3分後に確認してまだ指の跡が残っていたら、血行不良でむくみが起きている証拠です。

まずは頭皮の状態を改善しよう!

上記のうち一つでも当てはまるものがあったら、頭皮の状態はあまり良くないと考えて下さい。

若ハゲ対策を効果的にするためにも、マッサージなどで頭皮を健康な状態にしておきましょう。

以下の動画では簡単にできる頭皮マッサージの方法を紹介しています。

簡単頭皮マッサージ

美容師が考えた、誰にでもできる簡単頭皮マッサージです。 テレビを見ながらでも、お風呂でも、毎日頭皮をほぐしてあげましょう。

いかがでしたか?「規則正しい生活」が、実は若ハゲ対策にとって効果的かつ大事な方法です。

お薬や育毛剤に頼る前に、アナタの日常生活は大丈夫ですか?ぐっちゃぐちゃに乱れていませんか?どんなにいい種も土地が良くないと芽が出ない・・・のは髪の毛にだって言える事。

育毛剤は10代・20代の若ハゲに効果的とされていますが、ひとつひとつ、まずは取り組みやすいところからチャレンジしてみましょう。

発毛は小さな「気をつけポイント」をいくつクリアできるかがポイントです。 頭皮の硬さやシャンプーのしかたを知りたい方はこちらの動画も見てみてくださいね。

【生活の知恵】【017】髪の毛が生えてくるシャンプーの方法

動画でもシャンプーのしかたをご紹介


※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する場合すべては利用者の判断とし、当社は一切の責任を負いかねます。サイトを閲覧して判断や行動する際は、医師や薬剤師等の専門家にご相談の上、自己責任で行うようお願いします。