目次

  1. そもそもプロペシアって何?メカニズムは?
  2. プロペシアの歴史を解説!もともとは副作用から生まれたものだった?!
  3. プロペシアの効果を写真や画像を参考に、自分の状況を把握しましょう!
  4. プロペシアの処方と服用について詳しく解説!
  5. プロペシアの育毛効果を写真・画像で一挙ご紹介!
  6. プロペシアの育毛効果がでるまでの期間は、人によって様々です!
  7. プロペシアの育毛効果に関する動画もチェック!
  8. プロペシアの育毛効果を写真・画像でチェック!自分の状況を正しく把握しましょう。
  9. プロペシアの関連記事はこちら

AGAに効く育毛剤としてよく知られているプロペシア。プロペシアは2005年12月に発売され、AGAの原因であるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑えて脱毛・薄毛を予防する効果が期待出来ると言われる飲み薬です。薄毛の進行防止に役立つようです。

DHTは、5α‐還元酵素という酵素が血液中のテストステロン(男性ホルモンの一種)と結合して作られてしまいます。プロペシアに含まれる「フィナステリド」という成分はこの5α‐還元酵素を阻害するため、脱毛・薄毛に効果が期待できるのです。

ちなみに、プロペシアは男性型脱毛症にのみ効果があるそうで、他の脱毛症や女性の薄毛には効果がみられていないのだとか。

プロペシアは飲み薬

原則1日1錠。1日5錠が上限です。

プロペシアの主成分は、上の項目で触れたフィナステリドという成分です。

このフィナステリドがAGAへの効果を持つわけですが、実はもともとは、アメリカの製薬会社で、男性ホルモンを抑制する薬のひとつとして1991年から開発が始まり、前立腺肥大の治療薬として認可されたものなのです。

その後の臨床データや研究により、前立腺の疾患で、このフィナステリドを成分とする治療薬を服用している人に脱毛の減少や、毛髪の増加という副作用見られることが判明したのです

そのため、フィナステリドは、AGA治療薬としての研究が開始され、1997年にアメリカで認可されることになったのです。

現在は、世界60カ国以上で承認されており、日本では、2005年に厚生労働省から認可され、プロペシアという商品名で発売されました。

これがプロペシアの歴史です。 まだ開発から20年ほどしか経っていない、比較的歴史の浅いAGA治療薬なんですね。

プロペシアは男性型脱毛症にお悩みの人にとっては気になる薬ですが、内服薬ということもあり服用には慎重になってしまいますよね。

効果があるならば検討したいけど、本当のところどうなの?と思ってる人は多いのではないでしょうか。既にプロペシアを服用している人も、「これって効果出てるのかな?」と不安になっていませんか?

百聞は一見にしかず!実際にプロペシアを試した人にどんな効果が現れたのか、どのタイミングで効果が出始めたのか、写真と共に見て行きましょう。

プロペシアを使用中の人も検討中の人も、プロペシアが自分の薄毛治療に合ったものか、今後も治療を続けるべきなのか、写真を参考にして自分の状況把握に役立ててください。

写真と比較
写真と比較

自分の状況を把握することが大切!

プロペシアを日本で正規に購入する場合は、医師の処方箋が必要です。 リアップを除き、プロペシアやミノキシジルなどの発毛剤は、日本の薬局やドラッグストアでは取り扱っておりません。

リアップ以外の発毛剤についてはお近くの皮膚科もしくは発毛専門クリニックでご相談の上、お求めください。 ※ハゲラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。

そして、プロペシアだけでなく、はげの治療には健康保険が適用されません

健康保険の適用の可否は、厚生労働省によって決められるものですが、健康保険は基本的に、生命に関わる病気や疾患に対して適用されます。 はげは、直接的に生命に関わるものではないので、健康保険適用外となっています。 そのため、プロペシアの処方も自由診療になります。

自由診療となると、プロペシアにかかる費用は、病院やクリニックによってまちまちになりますが、一般的な相場は1万円~1万3千円程度と言われています。

プロペシアの服用は、目安として約6カ月、この間毎日1錠(1mg)服用を続けばければなりません

飲み続けている間に、効果を感じたからといって、服用をストップすると、AGAがまた改めて進行してしまうので、きちんと継続服用することが大切です。

プロペシアを飲むことによって、毛根が残っている場合、そこから髪の毛が生えてくることになります。効果が現れるタイミングや程度は人それぞれなので、服用後の期間別で見て行きましょう。

①服用後四ヶ月で効果が出た人の画像!(Aさんの場合)

プロペシアの目に見える効果が出るのは平均的に6ヶ月目以降だと言われていますから、4ヶ月で理想の毛量をゲットできるのは稀だと言われています。しかし、4ヶ月後くらいから産毛が生え始めることはあるのだとか。

Aさんはプロペシア服用前、髪の毛同士の間隔が広く、その間には毛穴は見えても髪の毛は確認できません。しかし、服用後4ヶ月になると毛穴から濃いめの産毛が生えてきているのが分かります。これから治療を続けていけばこの産毛が立派に成長してくれるのではないでしょうか?!

※ビフォー&アフター画像はこちらから確認いただけます。

②服用後四ヶ月で効果が出た人の画像!(Bさんの場合)

Bさんは4ヶ月でフサフサになることを目標に掲げていましたが、感想としては「思い通りにはいかなかった。」と言っています。それでも脱毛が減ったり、頭皮のベタつき感が和らいだことは実感できたんだそうです。あと、BさんもAさんと同じく産毛を確認できたと言っています。頭皮のベタつきが解消されるだけでも髪の毛のペットリした感じが無くなって、薄毛部分が目立たなくなりますね。

※ビフォー&アフター画像はこちらから確認いただけます。

③服用後三ヶ月で効果が出た人の画像!パート1(Cさんの場合)

Cさんは若い頃から髪の毛が弱かったそうですが、35歳で意を決してプロペシアの服用を始めました。使用開始から3ヶ月ほどで薄毛だった部分の周辺から髪の毛が生えてきたように見えます。髪の毛も根元からふんわりしてきた気がしませんか?

※ビフォー&アフター画像はこちらから確認いただけます。

④服用後五ヶ月で効果が出た人の画像!パート2(Dさんの場合)

Dさんは服用を開始して1ヶ月ほどで初期脱毛の症状に悩まされました。初期脱毛とはAGAの治療を始めると一時的に現れる抜け毛の症状です。少しでも髪に触れると抜けてしまう状態にとても悩んでいたDさん。しかし、それでも毎日欠かさずプロペシアの服用を続けていたところ、初期脱毛の期間が過ぎたあとに写真のような効果が出たのです。薄毛が改善されていますよね!最初は弱々しく頭皮に張り付いているような頭頂部の髪の毛が、しっかりと自分の力で立ち上がっているように見えます。

Dさんはプロペシアの服用以外にも毎日のジョギングや食生活にも気を付けていたので、この心がけも早くて効果に繋がったのかもしれません。

※Dさんの治療ビフォー&アフター画像はこちらから確認いただけます。

⑤初期症状(Eさんの場合)

※Eさんの初期脱毛の写真はこちらから確認いただけます。

薄毛の部分がおでこの生え際部分まで広がってしまっています。その反面、髪の毛のコシはこの時点で増しているように見えますね。

とはいえ、せっかく薄毛の治療をしているのにここまで薄毛が進行してしまうと、これ以上治療を続ける意欲が無くなってしまいます。でもここで治療を止めてしまっては薄毛をただ進行させただけ!治療開始1ヶ月ほどで脱毛が増えたと感じる人は、プロペシアの効果が無いのではなくて初期症状かもしれません。諦めずに治療を続けてみてください。

⑥服用後九ヶ月で効果が出た人の画像!(Fさんの場合)

※Fさんの治療画像はこちらから確認いただけます。

Fさんはおでこの生え際から後頭部にかけてかなりの広範囲で薄毛が進行していました。写真からも髪の毛が細く力ないのがわかります。しかし、プロペシアの服用を始めて6ヶ月には生え際部分を含め全体的に髪の毛が生えていますね。頭皮が見える部分が減りました。一年後には毛髪の量に大きな変化はありませんが、全体的に髪の毛がフワフワになっているように見えます。特に生え際の髪の毛にはハリがありますね。

⑦服用後3か月・5か月で効果が出た人の画像!(Gさんの場合)

Gさんの治療画像はこちらからご確認ください。

プロペシア服用前は頭皮の大部分が露出してしまっていたGさん。一年間こつこつとプロペシアを服用し続けた結果、だんだん髪の毛の量が全体的に均等になってきたのが分かります。もともと髪の毛のあった部分から薄い部分に向かって髪の毛が増えていっていますね。ここまで来れば「あともう少し頑張ろう!」という気になれます。

プロペシアの服用を始めてから効果が出始める早さは人によって千差万別です。

というのも、薄毛の進行程度や普段の食生活・生活習慣によって、髪の毛が成長するヘアサイクルは人それぞれ違います。髪の毛の伸びるスピードがみんな同じではないのもそのせいなんです。

早い効果を期待するのは当然のことですが、目に見える効果がでるのはプロペシアの服用開始から早くて3-4ヶ月以降、平均的には約半年以降だと言われています。人によっては1年目でやっと効果がでる場合もありますし、生活習慣が乱れている人はヘアサイクルも乱れがちなので抜け毛予防の効果が低くなる傾向があるようです。

今まで見てきた写真はあくまでも参考にとどめて、人より効果が遅くても諦めないことが大切です。しかし、プロペシアが合わない場合もあるのでお医者さんと相談して継続すべきか判断してください。

こちらは皮膚科医がAGA治療についてわかりやすく解説してくれています。 この動画の他にもAGA治療についてシリーズでアップしていますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

うす毛の治療、プロペシアはどんな薬?どれくらいの期間を飲むの?【男性型脱毛症004】

プロペシアについてわかりやすく解説してくれます。

プロペシアは効果を発揮すると薄毛を克服できることがわかります。でも、薄毛の進行が始まってから年月が経ってしまっている人には効果があまり期待できないみたいです。ご自身の薄毛の状況を見て、プロペシアを試してみる価値はありそうでしたか?

プロペシアは効果が現れるのに時間が掛かり、保険適用外なため費用もそれなりにかかります。既にプロペシアの服用を開始していてなかなか効果が現れない人は、「効かない!」と自己判断してしまわずにお医者さんと相談しながら根気よく治療を続けていきましょう。産毛が生えてきたり、抜け毛が減ってきたなど、小さな変化にも気を付けてみてください。

またプロペシアについては副作用についての噂が一人歩きしていますが、精力減退の副作用は数%ほどしか確認されていません。それでも、体質によっては皮膚のかゆみや蕁麻疹がでる場合があるようなので、処方については医師の説明を良く聞き、注意事項を守りましょう。

最後に、生活習慣・食生活への気配りも忘れずに!髪の毛にとって良い環境作りを心がければ、プロペシアの効果を少しでも早く実感できるかもしれません。