目次

  1. 若ハゲになるには遺伝以外にも大きな理由があります、それさえ守れば防げる可能性も!!
  2. 若ハゲに悩む人が増えている・・・
  3. そもそも、若ハゲの原因って??
  4. 若ハゲになってしまう人の特徴
  5. 若はげの改善方法まとめ
  6. 自分に合った改善法を見極めましょう
  7. 若ハゲの関連記事はこちら

あなたの食生活や生活習慣を見直してみてください、改善できる点はないでしょうか。

不摂生や寝不足などによっても頭皮に栄養がいかないことは多々あります。

若ハゲの原因や症状はいくつかに分かれるので、本記事ではそのことについて、詳しく解説していきたいと思います。

薄毛の原因を把握しよう
薄毛の原因を把握しよう

薄毛には、いくつかの原因が考えられます。 それをしっかり把握することで、正しい解決法がわかります。

年齢的にまさか自分がハゲるなんて、、と思っている人が大半。

そしてそれに気づくのは症状がだいぶ進行してからともいいます。

はじめは「あれ、髪切りすぎたのかな」程度だったのが、 次第に生え際が後退していることに気づくケースも。

精神的にかなりつらいですね。。。

   そもそもなぜ若ハゲは起こってしまうのでしょうか?

その理由はいくつかに分けることができます。

若ハゲの原因について説明しますので、しっかりと把握していきましょう!                                 

⑴遺伝

まずはじめは遺伝です。

特に若い時期からはげが進んできている人は遺伝のケースが多いといえます。家系的にハゲであればそれはかなりの確率でハゲになる可能性が高いでしょう。

しかし遺伝は100%ではなく、環境によって確率は変動しやすいものです。

環境を整え、ケアしてあげれば進行を食い止める事が出来るものでもあります。

⑵髪のダメージ

若い世代の人に多いのが髪を金色に染めたり、パーマをしたりして髪を傷めてしまうこと。

一度や二度ではたいしたダメージではありませんが、頻繁に毛染やパーマをしているともちろんダメージも蓄積されていきます。

また髪だけでなく頭皮の油分が極端に少なく、常に乾燥している状態の頭皮にも原因があります。

フケが出易くサラサラとしたフケが多いなどの場合はこのケースが当てはまるといえます。

逆に頭皮に油が多く毛穴を詰まらせていることも原因として挙げられます。

⑶ストレス

中学生でも人間関係のトラブルによるストレスや受験期のストレスなどで若くしてはげていしまう場合があるんです。

思春期ですからなかなかストレスを感じずに過ごすのは大変です。

どんなに髪が多い人でも、一日に50~100本位は抜けていますが、ストレスの多い人はこれが倍の数抜けていることは多々あります。

ストレスには要注意!
ストレスには要注意!

ストレスは薄毛に限らず、様々な体調不良につながります。 しっかりストレスコントロールをできるようにしましょう!

⑴運動不足の人

運動不足になると心肺機能の低下を招き、心臓が小さくなってしまいます。 心臓縮小が起こると酸素摂取量が減少し貧血状態になってしまいます。 そして脳に充分な血液が補充されなります。そして最後は髪の毛が毛根活動を停止する。

このようなことがあると、ストレスを蓄積させる原因にも繋がり、頭皮は血行不良を起こしてしまいます。その結果髪の毛に十分な栄養素が行き届かず、髪が抜けやすい状態になってしまいます。

⑵髪の洗い方が間違っている人

恐らく髪を洗わない人は大げさな言い方になってしまったかもしれませんが、正しいシャンプーの仕方をしていないと、頭皮や髪には悪影響を与えることになります。 正しいシャンプーの仕方を学んで、今すぐに間違ったシャンプーはやめましょう。 具体的には予洗いを3分ほどすることをおすすめします。 この予洗いをしないで髪を濡らしてすぐにシャンプーをつけると、毛穴にシャンプーがつまり毛根を痛めてしまう原因になります。

細かいけど・・・
細かいけど・・・

細かいことではありますが、髪の洗い方も重要です。 髪は毎日洗うものです。1年で365回も洗うことになります。 塵も積もれば山となる。 ちょっとずつ改善していきましょう。

若ハゲになってしまう人の特徴がわかったら、次は改善方法を学んでいきましょう。

間違った改善方法を実践しても効果はありません。 以下の改善方法をしっかり理解して、正しく改善していきましょう!

⑴ストレスのかからない生活を送る

ストレスが溜まる事により、血が頭にいかなくなります。頭皮に古い血が残り、酸素等を運ぶ機能が低下したり、毛細血管が細くなってしまいます。ストレスのかからない生活を送るようにして、なるべく頭皮に新しい血がめぐっていくようにしましょう。

若い時期は、環境の変化に対応でき買ったりして、過剰なストレスに悩むことも多いと思います。 だからこそ、若い時からストレスコントロールをしていきましょう!

⑵生活習慣の改善

・栄養の偏り。 ・特に肉食中心などの欧米化の脱却 ・不規則な時間の食事摂取をやめる ・運動不足の脱却 ・睡眠不足の脱却 ・猫背をやめる などを改善することで大きな成果が得られることも。

若い時はとくに、生活習慣に気を使う人は少ないです。 だからこそ、そういったことに気を使うことで、薄毛は改善される可能性は高いです。

生活習慣が大切!
生活習慣が大切!

小さな生活習慣の乱れが、薄毛につながることも・・・

(3)育毛剤を使う

若ハゲの改善方法として王道の一つともいえるのは、育毛剤を使うことです。 またストレス性の若ハゲでも効果のある育毛剤は購入することができるので探してみてはがでしょうか。

もちろん、生活習慣の改善やストレスのコントロールも大切ですが、即効性のある治療としては、育毛剤がおすすめです。 本気で薄毛を改善したいなら、若いうちに育毛剤に挑戦してみましょう!

(4)クリニックに通う

専門のクリニックでお医者様に相談してみてはいかがでしょうか。 若ハゲなんて自分には縁がないものと思っていたのに、その症状が現れるとパニックになってしまうこともあります。そんな時にもしっかりと診察してもらって原因を判断してもらえば、早急に治療をして、すぐに症状が改善することだってあります。

若いとなかなか金銭的に厳しいかもしれませんが、ほとんどの育毛クリニックで無料カウンセリングを行っています。 選択肢の一つとしては、しっかりチェックしておきましょう!

有名なサロンでは無料のヘアチェックなども行ってくれます。いくら注意していても自分の今の状況を知らなければ、改善の方法があっているかどうかも分かりません。

ですが、頭皮の状況を把握して、若ハゲを阻止、改善しましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。