目次

  1. シャンプーの仕方が薄毛と関係あるってホント?!
  2. シャンプーの仕方に良いも悪いもあるの?
  3. シャンプーの仕方・方法を間違えると大変なことに
  4. 薄毛対策も効く、正しいシャンプーの仕方をチェック
  5. 絶対外せないシャンプーのポイントは?
  6. 【注意】NGなシャンプーの仕方・方法
  7. 動画を見て、さらに詳しい薄毛対策にも良いシャンプーの方法を知ろう!
  8. 薄毛対策の一歩はシャンプーの仕方を変えてみよう
  9. 薄毛対策の関連記事はこちら

ほとんどの人が毎日行っているシャンプーですが、そのシャンプーの仕方が薄毛の原因になっているかもしれません!

シャンプーのすすぎ残しがあったり、ゴシゴシ力まかせに洗って頭皮を痛めたり、薄毛のために良くないシャンプーの仕方をあなたも知らず知らずしてしまっているかも。

逆に正しいシャンプーの仕方をすることで、薄毛を改善できる可能性もあるのです。この記事では、薄毛のために良いシャンプーの仕方をご紹介します!

シャンプーはほとんどの人がほぼ毎日行っており、頭皮や髪に与える影響は大きいのですが、そのことを意識している人はほとんどいません。

間違った洗い方をしていると、頭皮を痛めて薄毛を進行させてしまう一方で、正しいシャンプーの仕方をすることで、頭皮の血行を改善したり薄毛のために良い影響を与えることもできるのです。

シャンプーの仕方を変えることは、薄毛対策としては食事の改善とともにすぐに取り組めることでもあります。

シャンプーの方法に良し悪し?

シャンプーの方法に良し悪し?

正しいシャンプー方法を知ろう!

間違ったシャンプーの仕方・方法を続けていると、頭皮の衛生状態が保てず血行も悪化し、頭皮のかゆみやフケ、薄毛が気になるようになってしまう場合があるんです。 シャンプーは毎日行うものですから、些細なことでも積み重なると、薄毛には大きな影響を与えてしまうのです。

少しでも薄毛を改善できるように、まずは今まで自己流でやっていたシャンプーを一から見直してみましょう!

シャンプーの仕方を間違えると・・・

シャンプーの仕方を間違えると・・・

シャンプーの仕方次第で薄毛が進行してしまう可能性が!

それでは、薄毛対策のための正しいシャンプーの仕方を、順番に見ていきましょう!薄毛対策という観点から見ると、シャンプーは頭皮の汚れを落としつつ血行を促進するために行うものです。全体を通してのポイントは、「優しく丁寧に!」です。

①まず、ブラッシングする!

まずは髪の毛のもつれをとるために、目の粗いクシでブラッシングを行います。あらかじめもつれをとっておくことで、シャンプーの際に指が髪に通りやすくなり、シャンプーの泡立ちや汚れ落ちを良くしてくれます。また、ブラッシングの適度な刺激により頭皮の血行が改善する効果もあります。

薄毛の頭皮は繊細で、強い力で引っ張られたりするとダメージを受けてしまいますので、シャンプーの際に指が絡まって頭皮に余計な力がかからないように、念入りにもつれはとっておきましょう。

短くてもまずはブラッシング

短くてもまずはブラッシング

髪のもつれを取り頭皮の血行を促進!

②次に、ぬるま湯でよ~く洗う

いきなり乾いた髪にシャンプーをつける人はいないと思いますが、シャンプー前の前洗いを適当にしてしまっている人は多いようです。

指の腹を使って、髪の毛だけではなく頭皮を洗うようにしましょう。適切な温度は38度前後のぬるま湯。熱すぎるお湯では頭皮への刺激が強く、乾燥を引き起こし皮脂分泌を過剰にしてしまう可能性があります。

頭皮髪全体をまんべんなく濡らす

頭皮髪全体をまんべんなく濡らす

シャンプー前の下洗いが大切です

③シャンプーを手の平で泡立てる!

この手順も省いている人が多いかも!特に男性は、シャンプーを手にとったらすぐに髪につけて、ゴシゴシすることで泡立てているという人が多いかもしれませんね。でもこれは一番やってはいけないのです!頭皮に直接つけてしまうと、刺激が強すぎてしまうのです。特に薄毛の人の頭皮は刺激に敏感になっているので、特に注意が必要です。

まずはシャンプーを500円玉程度の量手の平に出し、少し水を加えて軽く泡立てましょう。そして、その泡を髪にのせて洗うようにしましょうね!

しっかり泡を立てる

しっかり泡を立てる

直接髪で泡立ててはいけません。

④頭皮や髪を優しく洗う!

ようやく洗うところまできました。洗う時のポイントは、髪の生え際から頭頂に向かって、指の腹で頭皮を優しくマッサージする要領で洗っていくこと。

頭全体にシャンプーの泡が行き渡るように、全体をまんべんなく洗うようにしましょう。決して爪を立てて頭皮を傷つけたりしないようにしてくださいね!

決して爪は立てないで!

決して爪は立てないで!

指の腹で優しく頭皮をマッサージ!

⑤最後に、しっかり流す!

ここが薄毛対策のためのシャンプーの仕方の肝と言える段階かもしれません。 シャンプーのぬめり気が残らないように、3~5分くらいたっぷり時間をかけて十分に洗い流すようにしましょう!

特に生え際はシャンプーが残りやすく、生え際からの薄毛の大きな原因にもなります。残ったシャンプーは頭皮を不衛生にして毛穴を詰まらせ、薄毛を進行させてしまうことになりますので、念入りに洗い流すようにしましょう!

すすぎ残しのないように!

すすぎ残しのないように!

生え際など残りやすいところに注意!

薄毛対策のためのシャンプーの仕方で絶対に外せないポイントは2点!

①とにかく優しく丁寧にマッサージするように洗う

薄毛の頭皮は思っている以上に繊細で刺激に弱い状態になっています。あまり強い刺激は毛根を痛める原因となってしまうので、洗う時には優しくマッサージをするように行いましょう。

②すすぎ残しがないようにする

残ってしまったシャンプーやリンスは、頭皮に持続的な刺激を与えたり毛穴を詰まらせたり、頭皮環境を悪化させてしまいます。特に残りやすい生え際に注意して、十分時間をかけて洗い流すようにしましょう!

注意点はいくつかあるのですが、とにかく絶対にしてはいけないのは、シャンプーを直接頭皮につけてしまう行為。シャンプーの原液は、強い洗浄作用をもっていますので、肌に直接触れれば刺激が強すぎてかぶれたり、フケが出たり抜け毛を増やしてしまう可能性があるのです!

慣れるまでは面倒に感じるかもしれませんが、手の平にとって水を少し足して泡立てることが大切です!

シャンプーを直接髪につけちゃダメ!

シャンプーを直接髪につけちゃダメ!

必ず一度手のひらに取って泡立てましょう

動画で実際どのような手順でシャンプーをしたら良いのかを確認しましょう!シャンプーの適切な量や手の動きなどもよくわかりますよ!

【薄毛対策】カリスマ美容師に相談してみた!シャンプー編

カリスマ美容師さんに、良いシャンプ方法を教えてもらう体験ドキュメント!詳しい手順がわかります!

普段何気なくやっていたシャンプー、やり方次第で薄毛を悪化させてしまう可能性があることを理解していただけましたか?正しい手順で、優しくシャンプーしてあげれば、頭皮も髪の毛も喜んでバッチリ薄毛対策になるでしょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。