目次

  1. 女性の髪は命です、いつまでも美しくいる為のポイントとは?
  2. 今話題...? FAGAって何...?
  3. FAGAの特徴は?
  4. こんな人は注意が必要!?
  5. FAGAはどうやって対策をする?
  6. FAGAについて学べましたか?
  7. 女性の薄毛の関連記事はこちら

栄養バランスや生活スタイルの変遷によって、女性ホルモンの減少する女性が増え、女性にも薄毛がみられるようになっています。 その症状の1つに、FAGA(女性系脱毛症)があります。

そもそもFAGA(女性系脱毛症とはなんなのか、なぜ女性の薄毛の原因として女性ホルモンが薄毛に関係するのか。

その正体や原因に迫ります。

AGA(男性型脱毛症)の女性版!

女性で薄毛に悩むみなさん、AGA(男性型脱毛症)という言葉を聞いたことはありますか? 頭皮の中でテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで生成される男性ホルモンである、DHTが根本の原因となって引き起こされる薄毛のことです。

実は、薄毛の原因となる男性ホルモンは女性にも存在します。 でも、多くの女性の髪の毛は男性と比べると生えている確率が高いですよね。

その理由は、女性ホルモンが存在するからなんです。 エストロゲンという女性ホルモンは、毛髪の成長を促進します。 しかも、エストロゲンが盛んに分泌されている時は、薄毛の原因となる男性ホルモンであるDHTの大元となるテストステロンの生成がかなり抑えられることがわかっています。

つまり、女性ホルモンの存在が男性ホルモンによる薄毛の進行を抑えている、というわけなんですね。

では、女性ホルモンが低下してしまったら...一体どうなるのでしょうか。

女性ホルモンの低下→男性ホルモンの影響で薄毛が進行=FAGA

とうぜん、薄毛の進行を抑えている女性ホルモンが減少していくと、薄毛の原因となる男性ホルモンの動きが活発になり、女性でも薄毛が進行してしまいます。

この状態をFAGA(女性系脱毛症)と呼びます。

老化による女性の薄毛の進行ではありませんので、多くは更年期を迎える30代後半からの発症ですが、10~20代でも発症する可能性はあります。

鏡の前できになる女性の薄毛...
鏡の前できになる女性の薄毛...

その原因や特徴をしっかりと把握することが、何より大切です!

FAGAは男性のAGAとは少し違う症状の現れ方をします。主には男性と女性ではホルモンのバランスが違うことが原因ですが、女性のFAGAにはどのような特徴があるのでしょうか。

①30代後半〜40代に多く見られる

発症年齢は30代後半~40代くらいが多いと言われています。これには高齢期や更年期を迎えた女性が閉経によってホルモンバランスがこれまでより大幅に減少することが原因と言われています。

②髪全体が薄くなる

地肌が透けて見える、抜け毛が多い、額が広がってきた、全体的にボリュームが少なくなった等の症状が薄毛の兆候として表れてきています。 髪全体が間引きした感じに薄くなってくるのが主な特徴です。

⑴極端なダイエットをしている人

栄養失調になるまでダイエットをしてる人がいますが、こうなると、毛の組織にも栄養がいかなくなるので、毛自体の成長を妨げる原因になります。

⑵ピルを飲んでいる人

薄毛には女性ホルモンが関係していると言われています。ピルは女性ホルモンの一種で、これを一定期間飲み続けた後に飲むことを中止すると、髪の成長の休止期間が生まれて脱毛を起こすと言われています。

⑶過度なヘアケアをしている人

特に若い女性は過度に自分の髪を気にする人がいます。清潔さは大事ですが、シャンプーを一日に二度以上すると髪によくないと言われています。

それではどのようにして女性のFAGAにならないようにすればいいのでしょうか。あなたの髪を健康に保ちつつ、薄毛になりにくい日々を送りましょう。

生活習慣

脂肪を燃焼させる適度な運動は、血行を促進して毛髪の健康にも作用します。ストレスにならない程度の運動を心がけましょう。 ジョギングやヨガなど、汗をかくような運動をすることは頭皮のみでなく、体全体にいい影響を与えると言われています。

食事

髪はケラチンというタンパク質から構成されています。これらを多く含む大豆や魚などの食品をしっかり摂取すると良いと言われています。また鉄分不足も髪のパサつきの原因になると言われているので注意しましょう。 日々の食生活で補いにくいものはサプリメントなどを摂ることをおすすめします。

近年、食生活の乱れや生活習慣の乱れから、女性にも薄毛が見られるようになってきました。

女性にとって髪は命とも言われていますから、大切なあなたの髪を守るためにも健康的な生活を心がけて年を重ねてもハリコシのある髪でいましょう。