目次

  1. 生え際やm字はげにミノキシジルは効かないの!?
  2. そもそもミノキシジルの作用メカニズムとは!?
  3. ミノキシジルは生え際やm字はげに効果なしって本当...!?
  4. こんな人は効果が見られないかも。
  5. ミノキシジルでもm字はげや生え際を対策する方法はないの?
  6. ミノキシジルを入手したいなら?
  7. ミノキシジルの効果についてもっと知りたい方は動画を参考に!
  8. ハゲの種類に合わせた発毛剤を使いましょう
  9. 発毛剤の関連記事はこちら

発毛剤の一種、ミノキシジル。 専門医師から処方される薬にもあるため、その力は高い・・・

と、言いたいところですがどうやら生え際やm字はげにはその効果がない!?との噂もあるようです。

今回は、ミノキシジルがそう言われている理由と、その対策について調べ纏めてみました!

本当に効かないのか?
本当に効かないのか?

ミノキシジルと生え際、m字はげにの関係について探っていきましょう。

元々、ミノキシジルは高血圧の方に処方されていた血管を拡張する効果のある飲み薬だったそうです。薬の副作用として多毛症の方が多かったことから発毛剤として研究開発されたという経緯があります。

この元々あった血管を拡張させる効果も頭皮の血行がよくなることで、髪に必要な栄養が送られやすくなる為、発毛に良いとされていました。

しかし、最近の研究結果では毛を生成する重要な器官である毛包に直接作用していることが分かり、これが発毛効果に繋がっているのではと言われています。 これは、毛母細胞が活発化し、より太く強い毛が育つ効果が期待できるというものです。

とはいえ、ミノキシジルを使用することで「なぜそうなるか」という詳しいメカニズムはまだよく分からないのが現状のようです…

メカニズムは未だ不明ですが、効果があることには間違いないようです。 ミノキシジルの今後の研究にも期待、といったところでしょうか。

元々は高血圧用の飲み薬
元々は高血圧用の飲み薬

研究開発が進み、今の育毛剤に繋がっているのですね。

ミノキシジルは毛に直接作用し、発毛を促進する。 この作用を見ればどんな薄毛にも有効そうな気がしますよね。

しかし、このミノキシジル 生え際やm字はげには効果がないと言われているんです…!

どうしてそう言われているのでしょうか? その理由を調べ、以下に纏めてみました。

①理由1 :生え際の抜け毛ホルモンには直接作用しない!?

薄毛や抜け毛の原因の一つとしてDHTという男性ホルモンがあります。 これ、実は頭頂部より生え際に濃度の高いDHTがあるらしいのです。

単純に考えれば、この原因を断つことで生え際の抜け毛を食い止めることに繋がりますよね。その為にはDHTの発生を抑制することが重要になってきます。

そう、ミノキシジルに発毛を促す効果があっても DHTを抑制する作用があるかはまだ解明されきっておりません。

どんなにミノキシジルで発毛しようとしても、DHTの作用で生え際の毛は抜け落ちていってしまう為、完全に解決する可能性は低い…というわけなのですね。

②理由2:生え際は血流アップの効果が出にくい!?

そもそも、生え際の毛細血管が頭頂部と比較して少ない人が多いということです。

血管を拡張し血流の増加が期待できるミノキシジルですが、そもそもの血管がなければ血流は増えようがありませんよね。 この場合はどんなに活用しても、十分に効果が出ない可能性があるようです。

ただこれには生活習慣の改善で好転できる可能性もあります。 規則正しい生活を心掛けることで血流もよくなります。 ですのでミノキシジルの効果だけに頼るのではなく、ご自身でも出来ることについて考えてみではいかがでしょうか。

生え際の環境問題!
生え際の環境問題!

元々、効果が出にくい部分ではあるようです。

ミノキシジルの効果が出にくいという噂のある生え際、m字ハゲ問題。 では、どんな人が効果が出にくいと言えるのでしょうか?

以下に3つほどまとめてみました。 当てはまる方はミノキシジルの効果を十分に得られない可能性があるかもしれません。

①生活習慣が乱れている人

生活習慣の乱れは血液の質の低下、はたまた体に負担をかけることに繋がります。

体に負担がかかると、栄養分は生きるために重要な臓器に優先して送られるようになってしまいます。つまり髪への栄養や血流は後回しにると考えられているのです。 その結果、頭皮の血行が悪くなり髪が生えにくくなる環境を生むのですね。

また、睡眠不足も髪の成長に必要なホルモンの生成を悪くしてしまいます。 ミノキシジルを活用しても、成長ホルモンが分泌されない状態が続くと薄毛の改善は期待できません。

生活習慣の乱れは、ミノキシジルの効果が十分に発揮できない体にしてしまう恐れがあるのです。

生活習慣の乱れ
生活習慣の乱れ

不規則な生活を送る人にミノキシジルは効きにくいようです。

②ストレスを抱えやすい人

「辛い」「苦しい」といった精神的に悪いストレスが溜まりすぎると、自律神経が緊張し、血行不良になる場合があります。

ミノキシジルタブレットで血管を拡張しようとしても、ストレスが溜まってしまうと結局効果が相殺されてしまいますね。

上手にストレスを発散できるなら良いのですが、仕事に追われてそのストレスを溜め込みっぱなしになってしまうような方なんかは要注意。 ミノキシジルも上手く働いてくれないかもしれません。

仕事のストレス、抱えていませんか?
仕事のストレス、抱えていませんか?

薄毛の悩みが更にストレスになるという悪循環も考えられますね。

③せっかちな人

すぐに効果が出て欲しい気持ちも分かります。 しかし、ミノキシジルは短期では効果が現れにくい発毛剤のようです。

特に生え際に効果が出にくいことをお伝えしてきましたが、焦ってすぐに辞めてしまっては効果が出るものも出なくなってしまいます。

生え際は頭頂部よりも改善に時間がかかる部分なので、三ヶ月、半年、一年…といった長い目で見る必要があるそうですよ。

効果が出ないと焦りすぎてませんか?
効果が出ないと焦りすぎてませんか?

急いては事を仕損じるものです

ミノキシジルを効果的に使うには…?

m字はげや生え際には効き難いと噂のあるミノキシジルも、使い方やその見方をきちんと理解すれば上手く作用させることができるかもしれません。

そこで、ミノキシジルで成功した方はどのように対策したかを調べ、以下に纏めてみました。

頭皮の血行を良くする

血行が悪いことが原因の一つですから、血行をよくする努力をすることも対策の一つです!

元々、m字はげ付近は皮膚がつっぱりやすく、硬くなりやすい性質があるそうです。そこで、生え際の血行を促し、ミノキシジルが効きやすい環境に整えることで発毛を促すよう努めましょう。

例えば頭皮をマッサージして皮膚をほぐしたり、軽い運動等で頭皮の血行をよくすることがm字や生え際の改善に繋がりやすいそうですよ。

育毛剤だけに頼らずに…
育毛剤だけに頼らずに…

ミノキシジルに効率よく作用してもらうためにも、自分の体を整えることも大事ですね。

正確な知識を身につけ、とにかく長く続けてみる!

ミノキシジルに限らず、脱毛治療を開始すると1ヶ月程で初期脱毛というものが起こる可能性があります。これは新しい毛が生える準備が始まったために古い毛が抜ける現象なのです。

この現象を育毛剤が効いている証拠であると考える人もいるようですが、ここで効果がないと勘違いして諦めてしまう人もいるみたいですね。

m字はげや生え際の発毛効果が実感できるのは頭頂部よりも長いと言われていますから、諦めずに続ける気持ちは大切です。

ミノキシジルは医薬品ですので、高い発毛効果が期待される分、ゼロではないリスクの可能性もあります。

ですので、お近くの皮膚科もしくは発毛専門クリニックでご相談の上、お求めください。 ※ヘアラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。 ヘアラボのポリシーはこちら 

m字はげや生え際とミノキシジルについての関係が分かってきましたね。 ここでは更にミノキシジルについて理解を深めるための動画をご紹介します。

薄毛治療 ミノキシジルのメリット、デメリット赤坂ビューティクリニック

専門医がミノキシジルについてわかりやすく解説してくれます。

薄毛増毛悩み克服解決動画

ミノキシジルの効果と副作用について説明された動画です。副作用もしっかり理解した上で活用していきたいですね。

何も知らずに使用するだけでは、生え際やm字はげに効果が薄いミノキシジル。 しかし、その仕組みを理解し対策することで、効果を引き出せる可能性は十分にありそうです。

生え際、m字はげ対策もヘアラボではご紹介していますので、是非そちらを参考にしてみてください。