目次

  1. 薄毛は正しく対策すれば大丈夫
  2. 薄毛に悩む女性多数!
  3. 若くても薄毛には気をつけよう
  4. 女性によく見られる薄毛5タイプ
  5. 女性の薄毛は何が原因?
  6. まだある!女性の薄毛を引き起こす原因
  7. 薄毛になりやすい女性!
  8. 女性の薄毛の対策方法まとめ!【10選】
  9. 他にも薄毛対策があります!
  10. 女性の薄毛の対策は動画でもっと多くの知識を
  11. 女性の美しさは髪だけじゃないけれど
  12. 女性の薄毛の関連記事はこちら

今、女性の薄毛でお悩みの人の中には もう髪が生えてこなくなるのではと恐れている方がいるかもしれません。

しかし女性の薄毛にはそれぞれに対処法があります。

ちゃんと対処すればある程度回復します。 正しい知識であなたの美を取り戻していきませんか。

それは決して不可能ではありませんよ!

最近髪が薄くなってきた気になる……
最近髪が薄くなってきた気になる……

薄毛を発見しても慌てずに薄毛を理解し対処していきましょう。

ネットでも数多くの悩みがるように、薄毛で悩んでいる女性が増えています。

最近は最近は若い人でも薄毛に悩まされる女性も増えているのです。

それはなぜなのでしょうか? 

年齢層の違いから想像できるように薄毛の原因はひとつではありません。 年齢によるものから体質や遺伝子によるものまでいろいろあるのです。

だからこそ多くの女性が薄毛に悩んでいるのですね。

気になっているのはあなただけではありません

気になっているのはあなただけではありません

たくさんの方が悩まれています。しっかり治していきましょうね。

最近は若い女性でも薄毛に悩む方が増えています。 女性ホルモンのエストロゲンは20代後半をピークに減っていきます。 40代後半になるとエストロゲンは急激に減少して、更年期という時期に入ります。 この時期に女性は薄毛になることが多いのです。

20代、30代ですとこの更年期には当てはまらないので、食生活の乱れ・ダイエットが原因のヘアサイクルの乱れから薄毛になっていくのです。

しかし、30代後半の女性はプレ更年期という更年期に似た症状が出る可能性があります。 エストロゲンの減少のスピードが早かったり、体質や体調から更年期に似た症状を感じる方もいらっしゃいます。

20代の女性の薄毛対策は生活習慣やシャンプーやカラーリング、パーマなどの見直しで改善されます。 プレ更年期に入ってしまった30代の女性の薄毛対策は女性ホルモンを補う作用のある育毛剤の使用も有効です。

これから、女性に見られがちな薄毛の症状のパターンをご紹介します。

今や若い女性でも薄毛に悩むことが少なくない時代だということがわかりました。

男性の薄毛は、M字やO型など、一部分が特に脱毛し、脱毛範囲が徐々に進行していくパターンが多いですが、 女性の薄毛の場合は、全体的に薄くなるものの、完全に脱毛するわけではなく、 うっすらと地肌が見えているような状態になることが多いです。

中でも以下のタイプがあります。

頭頂部の地肌が薄い  頭皮環境により招くことがあります

分け目が薄い  ポニーテールなどのひっぱるような髪型や、長年分け目を変えないことによって起こることがあります

頭全体が薄い  原因はいくつか考えられますが、特に40代以降の女性に見られがちです。

産後の抜け毛  産後のホルモンバランスにより、一時的に脱毛が目立つようになるそうです。

円形脱毛症  ストレスや免疫系の病気が原因として考えられています。

以上のように、薄毛の現れ方のパターンによって、それぞれ主となる原因は異なっています。

とはいえ、女性の薄毛の原因は一つではなく、いろいろな原因が複雑に絡み合っていると考えられます。 そこで、女性の薄毛の原因となりうる代表的なものをご紹介いたします。

分け目が目立つ

分け目が目立つ

全体的に髪の毛が少ないわけではないのですが、 頭頂部の分け目部分が薄くなっていますね。 女性の薄毛によくあるパターンと言われています。

女性の薄毛の原因は様々です。 その中でも代表的なものを説明していきますね。

加齢、免疫不全、栄養不足、ストレス、過度なヘアケアが代表的な原因だと言われています。

どれか思い当たる原因はありますか? 一緒に確認していきましょう。

1:加齢

身体は加齢によって様々な影響が出てきます。薄毛もその一つと言えるでしょう。 加齢にともない女性ホルモンや栄養が減少してしまい頭皮へ充分な量が届かなくなり、毛根がやせ細ったりして脱毛してしまうことがあります。

60歳を超えると性差に関係なく現れるようです。

自然なことだとはいえ、年齢の割に過度に毛髪が抜けていると思えるなら薄毛の可能性を考えてみるべきでしょう。

2:免疫不全

免疫不全とは花粉症のようなものです。

本来外敵から身を守るための免疫作用がきちんと機能しなくなり、自分の身体を攻撃するようになることです。

この免疫の攻撃対象が毛根になってしまうと薄毛になってしまうようです。

免疫不全は遺伝やホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられています。

女性男性、年齢層に関わりなく起こります。

3:栄養不足

食生活の乱れによる栄養状態の変化が毛根に影響を与えた結果、薄毛になってしまう場合がこれです。

ありふれた理由に思えるでしょうが、多くの病が乱れた食生活によって発症する機会をうかがっているといっても過言ではありません。

栄養の不足が身体のストレスとなり脱毛が始まる可能性だってあります。 忙しい女性も、コンビニ弁当ばかりというのは避けましょう。

また発毛に必要な栄養素が不足しているという場合もありますね。

食生活は問題ナシ?

食生活は問題ナシ?

食生活の乱れも薄毛につながります。

4:ストレス

女性、男性に限らず過度のストレスは脱毛につながるとはよくいわれています。

しかしストレスそのものは薄毛の直接の原因ではなく、その遠因と考えられています。

ストレスに限らず体調不良が続いた結果として薄毛へとつながってしまうというのはよく見られるパターンです。

5:過度なヘアケア

あなたは一日何回シャンプーをしていますか?

もし二回以上という答えなら、シャンプーが薄毛の原因かもしれません。

女性にとって髪は命と言われるほど綺麗にしたい部分でもあります。 ただ、かと言ってシャンプーのやりすぎは薄毛に繋がってしまうことも。

シャンプーに記された説明文の通り、実はシャンプーを始めとするヘアケア用品は頭皮に刺激を与えてしまいます。

その刺激で頭皮を守る皮脂まで洗い落とされると、脱毛に至る可能性があるのです。

女性の薄毛の原因の代表的なものをご紹介してきました。

この他にも、女性の薄毛の根本原因ではないにせよ、薄毛をサポートしてしまっている要因がたくさんあります。 これらの条件が複数重なることによって、結果として薄毛を招いていると考えられますので、 当てはまる原因は排除するに越したことはありません。

ここで、女性の薄毛に関わる原因となりうる習慣をご紹介します。

・紫外線 ・汗や蒸れなどによる頭皮の汚れ ・変わらないヘアスタイル、ポニーテールなど髪をひっぱる髪型 ・カラーリング ・パーマ ・朝シャン ・タバコ ・飲酒 ・シャンプーの刺激が強い、肌にあわない ・睡眠不足 ・運動不足

後に、女性の薄毛対策法をたくさんご紹介していきますが、 それらに合わせ、以上の原因への対応を行うことでより効果的な対策につながります。

一つでも当てはまるものがあれば、意識してみてくださいね。

それもダメだったの?

それもダメだったの?

普段の何気ない生活習慣が薄毛をサポートしてしまっていた、ということもあります。 現実的に改善が難しいものでないならば、 すぐにでも対処しましょう。 薄毛解決の近道になりますよ。

女性で薄毛を発症してしまう方には以下の様なタイプがあります。

1・ストレスをためる生活をしている

2・過度なヘアケアをしている

3・薄毛の遺伝を持つ

ご覧の通り、ほとんど生活を改善することで薄毛の改善が期待できそうです。 しかし遺伝となるとどうすれば良いのでしょう。

もう防ぐ方法や対策はないのでしょうか? 

いいえ。 現在は女性用の育毛剤もありますし、ウィッグというものもあります。 またヘアスタイルを工夫することで薄毛を意識しないようにできます。

女性でも薄毛を諦める必要はないのですね。

もしかして私も?

もしかして私も?

思い当たることはありませんか?

女性で薄毛になりやすいタイプは、やりすぎ、足りない、遺伝と大きく3タイプに分けられます。 栄養をやりすぎたり、女性ホルモンが足りなかったり、ご両親からの遺伝です。

前のふたつは予防や対策もできますが、遺伝となればどうすればいいのでしょう?

これから女性のための薄毛の対策方法を紹介していきます。 その中にはあなたに合うものがきっとあるはずです。

一緒に見ていきましょうね。

対策1:食生活を見直す

忙しい女性はチェックしたいのが、まずは食生活の見直しです。

バランスのいい食事はありきたりかもしれませんが髪の毛のために大切なことなのです。

薄毛対策に必要不可欠な成分はビタミンミネラルアミノ酸になります。

それにいうまでもありませんが、薄毛のみならず他の疾患も遠ざけてくれるでしょう。 きちんとした食生活を送るのが難しいなら現在はサプリメントも多数あります。

バランスのとれた食生活で頭皮や毛髪の環境をよくしてあげましょう。

バランスを考えた食生活を送りましょう
バランスを考えた食生活を送りましょう

バランスを見直すだけで毛髪も促されます。

対策:2 クリニック

本格的に発毛したいという女性は、医療機関で診察を受けて見るのがいいでしょう。

医療機関の中でもクリニックは薄毛やAGAの分野で経験が豊富なんです。

女性の薄毛対策では見落としがちですが、実は女性にも対応してくれているクリニックはたくさんあるんですよ。

しっかり皆さんと向き合って診療してくれるので、状態に合わせた適切な治療やアドバイスをもらえるのは安心ですよね。

対策:3 育毛剤

育毛剤と聞くとどうしても男性用というイメージが強いのですが、 最近では、薄毛治療や対策に育毛剤を用いている女性も多いんですよ!

化粧品のような洗練されたデザインのボトルや、薬臭さのない良い香りのものなど、どの世代の女性でも気軽に使える育毛剤が増えているので、きっとご自身にぴったりの育毛剤が見つかりますよ。

女性の薄毛対策4:ヘアスタイル

女性の場合は、ヘアスタイルを工夫することでわかりづらくすることができます。

例えば分け目を変えるなど手軽ですが、生えグセを矯正できるのでドライヤーひとつでボリュームアップが可能です。

また頭頂部の薄毛はロングヘアの場合、頭頂部にすっきり髪をまとめることで、隠しつつも清潔感がアップしてオススメです。

他にも工夫すれば素敵な髪型がありますよ。

イメチェン気分で薄毛を隠せます

イメチェン気分で薄毛を隠せます

頭皮がむれる髪型はできるだけ避けましょう。

対策5:ウィッグ

最近は女性がオシャレの一つとして楽しんでいる「ウィッグ」。

もともとはショートヘアの女性がロングヘアに見せるための装身具でしたが、薄毛の人もウィッグを活用してみるというのもいいでしょう。

ものによっては高価なものもありますが、 薄毛を気にして元気をなくすよりはずっと良いかもしれません。

対策6:増毛

増毛とは、人工の髪の毛を残っている髪に接着するという施術のことです。

接着した髪が伸びればもちろん接着し直ししなければいけないので、メンテナンスが面倒なものです。

要は女性に馴染みのあるヘアエクステですが、この場合は大量の接着が必要とするのでエクステよりも高価になります。

増毛
増毛

高価でメンテナンスが大変です。

対策7:人工毛植毛

頭皮に直接人工毛を植毛する美容外科手術です。 実質全ハゲからでも復活が可能です。

しかし人工物なので免疫拒絶反応が起こることがあって炎症になる可能性もあります。

副作用が多く報告されていますので、ご検討いただいた上でご判断ください。

対策8:自毛植毛

自分の髪の毛を薄くなった部分に移植する美容外科手術です。 生えている部分から毛を取るので免疫拒絶反応の心配がありません。

リスクは少ないですがコストが高くつきます。

対策9:ミノキシジル配合発毛剤

女性の薄毛対策にはミノキシジルもあります。

ミノキシジルが含まれている治療薬で有名なのがリアップですね。 リアップは薬局などで購入することが可能です。

ただし、男性向けと女性向けのリアップは使い分けて服用して下さいね。

※女性向けのリアップ【リアップリジェンヌ】をご購入される場合は、ドラッグストアの薬剤師さんに相談し、お求めください。

リアップリジェンヌ

ミノキシジルの配合量が女性向けになっているんです。

対策10:メンタルヘルスのカウンセリングを受ける

薄毛とはまったく無関係に見えるメンタルヘルスの文字に戸惑われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかしあまり注目されてはいませんが、薄毛は精神的なケアが必要になるということがあります。

他人から見たらちょっとした抜け毛が本人には問題と感じるというのはよくあることです。 薄毛を気にしすぎてひきこもりになり、精神を病んでしまうということもあるそうです。

ましてや女性の命といわれる髪のことですから精神に大きなダメージを受ける場合があります。

心の病の疑いがあるかもしれない・・・と感じたら一度メンタルヘルスの先生にカウンセリングしてもらいましょう。

メンタルヘルスの必要が?
メンタルヘルスの必要が?

もしかしたら心の病になる可能性もあります。

これまで女性の薄毛対策の10項目を見てきて、薄毛を解消できる可能性があると思っていただけましたでしょうか。女性の薄毛は男性の薄毛と比べても解消しやすいことを理解されたと思います。

10項目の他にも薄毛対策がありますので紹介します。

増毛スプレーを使用する

増毛スプレーは髪にパウダー状のスプレーや振りかけの粉を静電気で毛髪に付着させて髪のボリュームをアップさせる商品です。

  • 今日、薄毛の部分を何とか隠したい
  • ショートヘアで薄毛を隠せない

といった悩みに応えてくれますが、汗や水がかかると流れてしまうので気をつけましょう。

ストレスを解消しましょう

過度にストレスがかかるとホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れて抜け毛が起こる可能性があります。

適度に運動をしたり、好きな事に打ち込む時間を作ってストレスを解消しましょう。

婦人科の受診も考えましょう

女性の薄毛の原因は生理不順が関係している可能性があります。 特に20代、30代の若い年代の方の薄毛で悩んでいて、生理不順や下腹部の腹痛があるなど、婦人科の症状が見られたら病院を受診することをおすすめします。

薄毛対策にはのマッサージやシャンプー法などたくさんあります。 今まで薄毛について調べてきた方も新たな発見があるかもしれません!

是非、見てみて下さいね。

薄毛改善☆頭皮をやわらかくするリンパケア

簡単にできる頭皮ケアの方法です。

増やすぞ髪の毛❗【抜け毛、薄毛予防のシャンプー方法】白髪にも効果!!男性にも女性にも気になる原因と防止方法

美容師が教える正しいシャンプーの方法です。

髪が女性としての価値のすべてを決めていると思っているわけではないでしょうが、それでも髪が抜け、薄くなるとひどく悲しくなってしまうかと思います。

でも大丈夫!

対処する方法はたくさんあります。

髪が抜けてもあなたはあなた。前を向いて薄毛に負けない、しっかりとした女性になるのための対策をおこない、あなたらしい生き方をしましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。