目次

  1. 「若ハゲかもしれない・・・」
  2. 若ハゲの特徴とは?
  3. 若ハゲを画像で症状別にご紹介!
  4. 若ハゲの原因を知っておこう!
  5. 若ハゲになりやすい人
  6. 若ハゲの対策方法5選
  7. 若ハゲの動画をチェックして深い理解も!
  8. さあ、ここからがスタート!

寝起きの枕に付いた髪の毛やシャンプーの時に手に付いた抜け毛を見た時

濡れた頭の自分を鏡で見た時

外にいるときやけに周りの人が自分の頭を見ているような・・・と思う時

「俺って(私って)もしかして若ハゲ?」と疑うことありますよね?

友達や家族の意見を聞いてみたいけど、恥ずかしくて聞けないし、聞くのも怖い!

そんな密かに悩める若ハゲかもしれないアナタの為に若ハゲの画像をまとめてみました。

一緒に理解して確認していきましょうね。

あれ?これって若ハゲ?

あれ?これって若ハゲ?

「もしかして若ハゲ?」「いやいや気のせい?」なかなか自分では判断がつきません。

若ハゲと言われる方は20~30代、早い人は10代の後半からだんだんと髪の毛が薄くなっていきます。

「若ハゲ」は「若年性脱毛症」とも呼ばれ、症状には色々な種類があります。

ここではその若ハゲの種類を挙げていきます。

一つの判断材料としてあなたの頭の状態を確認してみてくださいね。

(1)粃糠性(ひこう性)脱毛症

あまり馴染みのない言葉ですが、簡単に言うと『頭皮の汚れが原因で起こるハゲ』です!

頭皮を不潔にしたままにしておくとフケが毛穴を塞いで雑菌の繁殖を招き、毛穴が炎症を起こしてしまうのです。

症状は毛が1本1本パラパラ抜けていく感じで、シャンプーの時の抜け毛が多いのも特徴です。

シャンプーや整髪料が頭皮や体質に合っていなかったり、すすぎ残しがあると起きやすくなるようですね。

(2)男性型脱毛症(AGA)

一般的に50代以前の方によく見られる症状で、年齢が進むにつれ抜け毛が多くなっていくという自覚症状があるんです。

若ハゲの多くはこの「男性型脱毛症」と言われていて、女性の場合には「女性男性型脱毛症」といいます。

最近はAGAと呼ばれることが多いんですよ。

症状としては前頭部の生え際の後退(いわゆるM字ハゲ)や、頭頂部が薄くなり地肌が目立ったりしてくるんですね。

主な原因は『男性ホルモンの過剰分泌』です。

若ハゲといっても、薄くなる部分は人それぞれ。

頭頂部から薄くなる人もいれば、生え際から薄くなる人、はたまた全体的に薄くなる等 症状は様々なんです。

ここではいくつかの代表的な若ハゲの薄毛パターンを紹介していきますね。

①M字型ハゲ

M字型ハゲ
M字型ハゲ

生え際の両サイドから薄くなり、生え際がアルファベットの『M』の形のようになります。

白人等の外国の方によく見られますが、最近は日本人にも多くみられるようになり、今では次に挙げるO字ハゲと並び、若ハゲの大半を占めるようになりました。

前頭部両サイドの生え際が後退し、剃りこみが入っているかのような形になります。 昔のヤンキーの『鬼剃り込み』みたいな感じですね。

おでこの中央部分はそれほど後退しない為に初期段階では進行に気づきにくいことがあるので、生え際チェックする際は両手でしっかり前髪を上げて生え際ラインの形を確認するといいでしょう。

おでこの中央部分より両サイドの方が後退していたらM字型ハゲの可能性大です。

②O字型ハゲ

O字型ハゲの参考画像

頭頂部を中心に円形に薄毛が広がっていき、アルファベットの『O』の形になります。

ハゲている人を想像すると多くの方が最初に想像するように日本人の薄毛の中でも大部分を占めます。

頭頂部を中心に進行していく円形の薄毛で、その形状から『O字ハゲ』と呼ばれることが多く、進行すると状態だとかなり目立ってしまいます。

参考写真は薄くなり始めた時の状態ですが、短髪のせいで地肌が見えているのか、薄毛なのか判断に迷う感じです。

大部分の人がそうだと思いますが、つむじあたりってなかなか自分でチェックしないですよね。

ですので気が付くまでに時間がかかり、他人から指摘されて初めて気が付くケースも珍しくありません。

③U字型ハゲ

U字型ハゲの参考写真

前頭部から徐々に薄くなっていって生え際が後退し、薄毛部分が逆さまのアルファベットの『U』の形になります。

『M字型はげ』同様、前頭部から進行していきます。生え際が逆U字に後退していき、『A字型はげ』とも呼ばれるます。

額の広さは人それぞれなので、初期のころは周囲からも気付かれにくいのですが、進行すると違和感を感じてきます。

参考写真くらいの状態だと前髪で覆って隠す人も多いでしょう。

チェックポイントは皮膚の質感です。

おでこと頭部とでは皮膚の性質が異なり、頭部は額の皮膚に比べてツルツルしています。

「おでこが広くなったかも」「生え際部分の皮膚が比較的ツルツルしてる・・?」と感じたらU字型ハゲの始まりかもしれません。

【注意】若ハゲには早めの対策を

若ハゲは早めの対策が何よりも大事です!

なぜなら若ハゲは進行が早いのです… まだまだ平気と放っておくことで失った髪の毛を取り戻すことは、相当な年月と費用がかかります。

『もしかしたら若ハゲなのかも・・・』と思われた方はいますぐ若ハゲ対策をしてみて下さいね。

若ハゲ対策の一つに育毛剤があります。

育毛自体が初めての方にもわかりやすく、とにかく若ハゲに効く育毛剤をランキング形式で紹介しているので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

若ハゲの大半を占める男性型脱毛症(AGA)は大きく分けて以下の2つの要素によって症状が進行していくんです。

  • 男性ホルモンの影響

  • ヘアサイクルの乱れ

これからこの2つの要素別に若ハゲの対策法を説明していきますね。

自分の状態と照らし合わせて原因を把握することにより、正しい対策をとっていきましょうね。

男性ホルモンの影響

AGAの最大の原因は男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の過剰分泌です。

分泌量は遺伝や体質によって大きく左右され、発生したDHTが毛根にある受容体に結合すると、毛母細胞の活動が大幅に低下してしまいます。

また遺伝や体質等の先天的な理由とは別に喫煙や睡眠不足、アルコールの過剰摂取等の生活習慣の乱れやストレス等もホルモンバランスを乱す原因となります。

薄毛をきっかけにご自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

ヘアサイクルの乱れ

髪は「成長期→退行期→休止期」という3つの周期を繰り返しながら成長していきます。

通常は成長期が最も長く、髪が抜けてもすぐに新しい毛が生えてくるのですが、

余分な皮脂の分泌により毛穴がつまって炎症等を起こすと休止期が長くなり、新しい毛が生えにくくなります。

皮脂の分泌が多くなる肉類や乳製品の摂取を控えめにし、シャンプーの際には洗い残しやすすぎ残しがないよう正しいヘアケアを行いましょうね。

上記の項目で、若ハゲの主な原因について説明し、様々な要因があることがわかりましたね。

ここでは、実際にどのような人が若ハゲになりやすいのか、特徴をまとめてみました。

ヘアカラー、パーマをしている人や長髪の人

カラーリングは、キューティクルをこじ開けて髪の内部にカラー剤を入れるものです。 髪が傷みやすいというイメージ通り、1回のカラーリングでキューティクルを保護している脂質成分の80%が失われると言われています

パーマに使われる薬剤も同様です。

カラーやパーマの薬剤が頭皮に付着すると、抜け毛を増やす原因になります。

また髪を長く伸ばしている長髪の人も若ハゲに要注意です。

髪が長いと、通気性が悪くなり頭皮が蒸れやすい状態になります。 すると雑菌などが繁殖しやすく、頭皮トラブルに繋がってしまいます。

パソコンやスマホを過剰に使用している人

パソコンやスマホの長時間使用で、同じ体勢でいることにより、肩こりになりやすく、血行不良に繋がります。

また目を酷使することにより、眼精疲労が募り、髪の生成に必要だった栄養素が消費されてしまい、健康な髪を作れなくなってしまいます。

またパソコンやスマホの過度の使用は、脳が覚醒状態になってしまうため、睡眠も浅い状態に陥りやすくなります。

健康な髪を作る成長ホルモンは、睡眠時に多く分泌されるので、良質な睡眠を取れないことは、薄毛の原因になってしまうのです。

刺激物や飲酒を好む人

刺激物でもある辛いものは、血行を促進したり、育毛に必要な成長因子を増やしたりしますが、摂り過ぎはいけません。

刺激物を摂り過ぎることによって、汗や皮脂の分泌を活発にしてしまうので、毛穴が詰まりやすくなったり、細菌が繁殖して、頭皮のトラブルに繋がりやすくなります。

また飲酒も過度になると、髪への影響があるかもしれません。

アルコールの分解には、血中の酸素や栄養素、特に毛髪を構成するシステイン(シスチン)という物質を多く消費し、頭髪に栄養素が行き渡りにくくなってしまいます。

そしてアルコールが分解されると、アセトアルデヒドという毒素に変わり、様々な器官に負担をかけるのです。

若ハゲの原因や、若ハゲになりやすい人の特徴はわかりましたか?

ここでは、上記までの説明を踏まえて、若ハゲの対策にはどのような方法があるかまとめてみました。

①正しいヘアケアをする

髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えるために、日頃からヘアケアに気を遣いましょう。

特に、シャンプー時は、自然な状態でも抜け毛が起こりやすくなります。 正しい方法でシャンプーを行うことが重要です

シャンプーをつける前に、しっかりお湯で髪や頭皮の汚れを落とす、泡立てて頭皮を洗う際に爪などで傷つけないようにする、シャンプー成分が頭皮に残らないように、しっかりと洗い流すなどのポイントを押さえて、ダメージの少ないシャンプー方法を行いましょう。

髪に優しいシャンプーを使用するのもおすすめです。

②食生活を見直す

髪は、生命に直接関係するものではないので、栄養素が行き渡る優先度が低くなっています。 そのため、偏ったバランスの食生活では、髪までしっかり栄養素が届きません

バランスのよい食生活を送ることは、頭髪にも、もちろん体の健康にも良いことです。 健康な髪のためには、特にタンパク質ミネラルを重視しましょう。

全てを食事で摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどを利用してもいいでしょう。

またアルコールやたばこも過度な摂取には注意しましょう。

③ストレスをためない生活をする

人間はストレスを感じると、身体が緊張し、血管が収縮してしまい、血行不良に陥りやすくなります。

血行不良になると、髪や頭皮へ必要な栄養素などが行き渡りにくくなります。 ストレスをためない生活を心がけることが大切です。

また、睡眠不足も髪に影響を及ぼします。 髪の成長に必要な成長ホルモンは、睡眠時、特に副交感神経が活発になる午後10時~午前2時に大量に分泌されるので、遅くとも日付が変わる前に就寝するように心がけましょう。

④育毛剤を使う

育毛剤を使用する場合は、上記までの対策方法と平行して行うと効果を実感しやすいでしょう。

育毛剤は、即効性のあるものではないので、使い始めてすぐに効果を実感できるものではないことを理解しましょう。 毎日しっかりケアを継続することで、徐々に効果を得られるものです。

⑤AGA治療が行えるクリニックなどに行く

今まで若ハゲの対策としては、上記までの方法が主なものでしたが、最近ではAGA治療などを行えるクリニックでも若ハゲの薄毛治療を受けられるようになりました*。

一般病院での治療は、AGA治療薬を用いた治療方法が主流です。

若ハゲの進行が気になる場合は、病院やAGA治療が行えるクリニックでの治療を検討するのも一つの方法です。

「若ハゲの原因や症状についての情報やセルフチェックの仕方等をもっと詳しく知りたい!」

という方は以下の動画で詳しい説明をチェックしてみてくださいね。

正確に知ることは育毛の第一歩です!

20代~30代の若年性脱毛症(若ハゲ)とは?

若年性脱毛症について詳しく、とても分かりやすく説明されています。

いかがでしたか?

「おれ若ハゲなんじゃないか?」 「わたしやっぱりそうかも・・・」

と不安に感じた方もいらっしゃると思います。

でも今日気づけたことはとても良かったと思います! 生活習慣を見直し、薄毛改善に向けてスタートをきりましょう。

若ハゲは早めの対策で予防できる可能性が高いので、ご自分に合った方法で頭皮環境を健やかにしていきましょう!

ハゲラボで人気の育毛剤をご紹介しますので、気になる方は公式サイトを御覧くださいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。