目次

  1. 薄毛の原因、しっかりと把握しないとダメ。
  2. そもそも髪はなんのために生えているの?
  3. 薄毛の原因を探る前に...薄毛の症状まとめ【写真付き】
  4. 男女別、なりやすい薄毛の原因まとめ
  5. FAGAという脱毛症もあります
  6. 抜け毛を観察して薄毛診断
  7. 薄毛の原因9選!〜全体的な薄毛からM字はげまで〜
  8. こんな人は薄毛に要注意...!
  9. 薄毛対策のつもりが薄毛の原因になっていた?
  10. 今日から始められる、薄毛の原因へアプローチ!
  11. 頭皮マッサージも効果あり!
  12. 薄毛の原因を把握した後は「正しい対策」を

みなさんこんにちは! ハゲラボ編集部です。

最近、自分の頭が全体的に薄毛になっていく...。

こんな時一体何が原因なのかわからないと、とにかく不安になりますよね。

そんな方のために今回は、徹底的に薄毛になってしまう原因を洗い出しました。

本記事で薄毛の原因をしっかりと把握して、早めの対策を行っていきましょう。

現代は、男女関わらず、抜け毛・薄毛に悩む方が多くなっていますが、 そもそも人間の身体に髪の毛が生えている理由はなんなのでしょうか?

大昔は、人間も動物と同じように全身が体毛で覆われていました。 それが進化するに連れ、 身体の一部にしか毛が存在しなくなったのはなぜなのでしょうか?

それは、人間が衣服をまとうようになり、 外気温の変化など、身体の外からの危険に対応できるようになったため、 体毛が退化したと言われています。

そのため、現在も人間の身体に存在する髪の毛は、 人間の身体を守るため、というのが基本的な存在理由です。

薄毛・ハゲの悩みに対して、対策を考えるのは、 やはり外見的な問題が一番の理由だと思います。

しかし、髪の毛にはきちんと存在する理由があり、 健康面や安全性などの観点からも、薄毛・抜け毛の対策は必要なのです。

人間の身体に髪の毛が必要な理由の一部を、 以下で詳しく説明していきます。

脳や皮膚を守るため

人間の身体の頭部は、脂肪や筋肉がほとんどありません。 そのため、脳を守るのは頭蓋骨が主になってきます。

頭蓋骨が損傷してしまうと、脳に直接的にダメージが生じてしまう恐れがあります。 そのため、衝撃を吸収し、頭部を守るために髪の毛が必要なのです

また頭部に髪の毛があることで、 脳や頭皮を温度変化や紫外線からも守ることができます

有害物質を排出するため

現代では、毎日の生活の中で、様々な有害物質が、 やむを得ず私たち人間の身体に取り入れられてしまっています。

その有害物質が体内に蓄積されると、 健康上、様々な問題が引き起こされると言われています。

実は、人間の身体は、体内に吸収されてしまった有害物質を、 髪の毛や体毛、汗を通して体外に排出しているのです

つまり、薄毛やハゲで髪の毛が少ない人は、 その有害物質を排出する場所が普通の人より少ないということになります。 そのため、有害物質が蓄積されやすい状態にあると考えられます。

現代では、女性でも薄毛に悩む方が増えてきたとはいえ、 やはり薄毛やハゲの悩みを持つ人は、男性の方が多いのは事実です。

平均寿命が男性の方が女性よりも短いことに、 このような髪の毛の作用によるものも考えられるのではないでしょうか?

薄毛の原因を探る前に、薄毛の症状をまずしっかりと確認していきましょう。

薄毛の症状として全体的に髪の毛がスカスカになっていく、いわゆる「全スカ」という症状は、もしかしたら「びまん性脱毛症」「休止期脱毛症」かもしれません。

これは女性に多い症状で知られています。

全体的に薄毛になる症状
全体的に薄毛になる症状

なかなか気付きにくいのです・・・。

次に、頭頂部周辺が薄くなってくる症状は、「つむじはげ」や「てっぺんはげ」と呼ばれる薄毛の1つです。

これは男性・女性問わずよく見られる症状ですね。

つむじがはげている
つむじがはげている

男性はもちろん、女性にも見られる薄毛の症状。

また、生え際付近が薄くなってくる症状の「M字はげ」も忘れてはいけません。

ベジータを思い浮かべると分かりやすいですね。

特に男性に多く見られる薄毛の症状として有名です。

額の形がM字。
額の形がM字。

男性の典型的な薄毛の症状と言えますね。

男性と女性では、薄毛の種類はもちろん、その原因も異なります。 だからこそ、薄毛の種類ごとの原因をしっかりと把握して、 対策を考えましょう!

それぞれの薄毛の原因には、どんなことがあるのでしょうか?

男性がなりやすい薄毛の原因(AGA)

先に紹介したM字はげを始め、頭頂部や生え際に発生する薄毛を、男性型脱毛症(AGA)と呼びます。

原因は男性ホルモンの過剰分泌、生活習慣の乱れなどがあります。 AGAの場合、まずは生活習慣を見直したうえで、 AGA専門のクリニックで相談してみるのも選択肢の一つです。

AGA治療を行うAGAスキンクリニックでは、AGA治療薬を処方し、発毛治療を行います。これは、自由診療であり、費用は月額4200円からとのことです。

診療申し込み方法ですが、予約診療が可能のようですね。 また、無料カウンセリングを行っているので、まずは相談してみるのがいいかもしれません。

女性がなりやすい薄毛の原因(びまん性脱毛症)

女性の薄毛は、男性とは異なる原因が存在します。

びまん性脱毛症の場合、妊娠や出産、 加齢による女性ホルモンバランスの変化が主な原因です。

AGA同様、薄毛の治療ができるクリニックで相談するとよいでしょう。

男女で薄毛の原因は異なる!
男女で薄毛の原因は異なる!

これをしっかり覚えましょう。

FAGA(女性男性型脱毛症)とはAGAの女性版という脱毛症ですが、 AGAとは薄毛のメカニズムが違います。

男性のAGAには男性ホルモンのテストステロンが関係しています。 テストステロンがジヒドロテストステロンに変化した時に抜け毛になります。

女性も少なからず男性ホルモンのテストステロンを持っています。 年齢が若い時期には女性ホルモンのエストロゲンも活発で薄毛にはなりませんが、 加齢などによって女性ホルモンの減少が見られた時にFAGAになり薄毛になる可能性があります。

また加齢以外にもエストロゲンが減少する原因は、生活習慣の乱れ・過度のダイエット・ストレスなどがあります。

男性の脱毛が前頭部や頭頂部から始まるのに対して、FAGAは頭髪が細く髪の毛全体が薄くなります。 AGAは進行しますが、女性ホルモンは一定量を保つのでFAGAの進行は防げます。

FAGAのようにエストロゲンの減少が原因の場合はホルモンバランスを整えることが大切です。 イソフラボンなどの大豆製品を摂るように食材を工夫したり、ストレスを減らすようにしたり生活習慣の見直しと改善をしましょう。

抜け毛は誰にでもあるもので、健康な状態でも1日に100本程度の抜け毛はあります。

自然な抜け毛なのか、薄毛によるものなのか、自分で判断するのはなかなか難しいですよね。

そこで、抜けた髪の毛の形状から、脱毛症を起こしているのかどうかをチェックしてみましょう。

しっかり丸い形の毛根があり、髪の毛も太い

このような抜け毛が多い場合には、あまり薄毛の心配はないでしょう。

ただ、抜け毛の量が明らかに多い場合には別の原因があるかもしれませんので、症状がひどい場合には皮膚科などで相談してみましょう。

毛根から細いひげのようなものが出ている

ぱっと見は正常に見えますが、この場合はまだ髪の毛が成長しきっていない段階での抜け毛です。

このような抜け毛が多い場合には、脱毛症を起こしている可能性があります。

毛根が細い

通常、毛根は髪の毛よりも太く丸々としています。

その毛根が、髪の毛よりも細いサイズになっている場合には、すでに毛根の成長に必要な細胞がうまく働いていない事が考えられます。

細くて短い抜け毛

毛根は形成されているのに、髪の毛がとても細くて短い場合は、生えてからすぐに抜けてしまった髪の毛です。

AGAやFAGAの可能性が高いので、できるだけ早く対処していきましょう。

普段の抜け毛の中に上記のような抜け毛が多く見られたら、薄毛が始まっている可能性があります。

ルーペなどを使って、抜け毛をしっかり観察してみましょう。

全体的な薄毛からつむじはげ・M字はげまで。

薄毛になってしまう原因は、とても多く存在します。

まずはしっかりと薄毛の原因を見極めることに集中していきましょう!

(1)ストレス

薄毛の原因として多いのがストレスです。

ストレスは自律神経を乱して血行不良を起こします。

発毛に必要な栄養は血液によって運ばれるため、血行が悪いと薄毛の原因になってしまうのです。

他にも、ストレス状態にあると交感神経が働き、常に緊張状態に置かれます。

ストレス状態であることが原因で頭皮の血管まで収縮し、発毛に必要な栄養が行き渡らなくなるのです。

とはいえ、ストレスが全くない生活なんてなかなか送れませんよね。

そこで大事なのが、貯まってしまったストレスを早めに解消すること。

無理なく続けられる程度の運動を週に2~3日、20分だけでも構いません。

血行も良くなるし、爽快感も得られてまさに一石二鳥です!

避けられないストレス
避けられないストレス

貯め込まないことが大切!

(2)食生活の乱れ

薄毛の原因として次に多いといわれているのが、食生活の乱れなどです。

一人暮らしだったり多忙だと、つい手軽なファストフードで食事を済ませてしまいますよね。

外食が多い人は、肉類の食事が多くなっていませんか?

このような脂質が多く栄養が偏った食事が続くと、血中の脂肪が増えて血管の質を低下させ、ドロドロ血が作られてしまうのです。

そうなってしまうと髪の毛にも栄養が届きにくくなります。 さらに、増えた皮脂が頭皮の毛穴を塞いで弱くハリのない髪の毛しか生えてこなくなってしまいます。

これは、食生活の見直しをすることで、ある程度よくなりますよ。

タンパク質脂質炭水化物のバランスがとれた適量の食事を意識して、野菜も積極的にとることで必要な栄養が摂れます。

どうしても難しい場合はサプリメントを活用するのも手ですよね。

バランス重視!
バランス重視!

難しかったらサプリを上手に活用しましょう。

(3)頭蓋骨の広がり

あまり知られていませんが、頭蓋骨の広がりが薄毛の原因になってしまうこともあります。

頭蓋骨がゆるんで広がっていると、頭皮が引き延ばされた状態になります。 この状態が続いてしまうと頭皮が硬くなり、血管が圧迫されて血行不良を起こすのだそう。

結果的に髪の毛が栄養を得られずに老化して、全体的な薄毛に繋がってしまうんですね。

頭皮を触ってみて、つっぱっている感じ硬いなと思ったら、頭蓋骨が広がっていることが全体的な薄毛の原因になっているかもしれませんので、要注意です。

しかし、こればかりは自分でどうにかするのは難しい! 頭蓋骨矯正ができる整体師などの専門家にお願いするのがベストです。

(4)不規則な生活習慣

薄毛の原因として4つ目に挙げるのが不規則な生活習慣です。

最近十分眠れていますか? 寝る時間がバラバラになっていませんか?

睡眠時間は薄毛と大きく関係しているのです。 夜10時から深夜2時の約4時間は、成長ホルモンの分泌が活発になります。

そのため、この時間帯に起きていると薄毛が進行してしまうというわけです。

夜10時に就寝は難しいと思うので、遅くとも深夜0時には寝ている状態にしてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、2時間は成長ホルモンの分泌のために確保できます。

太くてハリのある髪の毛のためにも、決まった時間に寝て十分な睡眠時間をとるようにしましょう。

(5)男性ホルモン/遺伝

薄毛の原因として大きな要因と考えられているのが、男性ホルモンです。

テストステロンという誰もが持っている男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素とくっつくことで、 ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。

このDHTが抜け毛を促進したり育毛を阻害したりと、薄毛の根本の原因となっているそうなのです。

そして、この男性ホルモンの量や活動の活発具合は、遺伝による影響を受けます。

「ハゲは遺伝」とよく言われるメカニズムは、こういったカラクリなわけですね。

※女性ホルモンの低下

ホルモンの流れでお話しをしますと、女性ホルモンの低下も薄毛の原因となります。

女性は特に気になるところですよね。

実は女性ホルモンは元来、男性ホルモンの活動を抑える働きがあるんです。

つまり、女性ホルモンが十分にある状態では、薄毛の原因である男性ホルモンがなかなか活動できずに、薄毛の症状が現れることはありません。

ところが、女性ホルモンの量が低下してしまうと男性ホルモンが解放され薄毛をどんどんと進行させてしまうのです。

ちなみに、女性ホルモンが低下する時期は、産後更年期。

産後の抜け毛や更年期で薄毛が進行してしまうのは、このためだったんですね。

(6)朝シャン

よく言われるところではありますが、朝シャンも薄毛の原因の1つなんです。

先ほども言ったように、髪の毛が成長するのはだと言われています。

そんな大切な時間に、頭皮が汚れていたらどうなるのでしょう...。 当然、せっかくの髪の毛の成長が阻害されてしまいますよね。

また、朝のシャンプーはどうしても焦ってしまうケースが多いんです。

シャンプーやトリートメントが頭皮に残った状態は毛穴のつまりの原因になりますし、ドライヤーでの乾燥が適当になってしまうのも、薄毛の原因に直結しますよ。

疲れている場合でも、できるだけ夜の時間にシャンプーすることを心がけましょう。

(7)タバコ

喫煙も、薄毛の原因の1つです。

タバコを吸うと血管が収縮してしまうのは有名な話ですね。

そもそも、頭皮にはなかなか血液が届きにくいという特徴があるんです。 心臓を中心として、重力とは反対の位置にありますし、距離的にも遠いので当然ですよね。

タバコを吸うことで血管が収縮されると、頭皮にはさらに血液が巡らずに、髪の毛に必要な栄養や成分が供給されないことは、目に見えていますよね。

タバコが薄毛の原因になる理由はまさにこれなんです。

薄毛に悩んでいながらタバコを吸っている人は、禁煙を目指した方が良いかもしれません。

(8)過度な髪染めやワックス

過度な髪染めやワックスもあなたの薄毛を進行させる原因となりえます。

髪染めは髪の毛を直接痛めてしまう行為。 説明なしでも、薄毛の原因になることがわかりますよね。

ワックスはどうでしょうか? 実は、ワックスの"カス"が頭皮の毛穴に溜まると頭皮環境が悪化し、薄毛の原因になりうると考えられています。

頭皮が呼吸できていない...とイメージすればわかりやすいかもしれませんね。

「おしゃれをしたい/かっこよくなりたい」 こんな気持ちももちろんわかりますが、過度なスタイリングはかえって逆効果です。

明日からでも、髪染めやワックスについては見直していきましょうね。

(9)眼精疲労

眼精疲労とは、簡単に言うと「目の疲れ」です。

スマホやPCを長時間見ていると、目がジーンとなり凝ったような感覚に。 まさにあの症状が「眼精疲労」とイメージしてください。

眼精疲労の症状が重くなると、眼球周辺〜奥の筋肉が凝り固まり、血行が悪くなってしまうんですね。

このことが、薄毛の原因になってしまいます。

この眼精疲労は、薄毛の中でも特に側頭部の薄毛の症状の原因として一般的になりつつあるようですね。

今まで見てきた原因の他に、血行不良に拍車をかけてしまうものがあります。 それは、毎日何気なくしているあの習慣・・・。

これをしている人はなるべく早くやめましょう!

1.タバコやお酒が大好きな人

アルコールが体内に入ると、分解される過程で酵素を出します。

この酵素は中性脂肪を増やす働きをするため、血中の中性脂肪が増えてドロドロ血が作られるのです。

タバコは血管を収縮させて血流を悪化させてしまいます。

これによって髪の毛に栄養が運ばれなくなり、全体的な薄毛をどんどん加速させることになるのです。

ストレスが原因でタバコやお酒に頼ってしまうと、一時的には落ち着くかもしれませんが、薄毛にとっては最悪なコンディションを作り上げてしまいます。

全体的な薄毛を改善したければ量を減らし、やめる努力をしましょう。

タバコは大敵
タバコは大敵

薄毛の原因をつくります!

2.過度にダイエット中の人

女性の薄毛の原因として過度なダイエットがあります。

女性にありがちですが、結果を得たいがために無理なダイエットをしていませんか?

「〇〇抜きダイエット」や「〇〇だけダイエット」は栄養不足を引き起こします。

そうすると、髪の毛は発毛に必要な栄養素を受け取れないので、全体的な薄毛の原因に繋がってしまいます。

無理なダイエットをしていると貧血を起こしやすくなりますが、これも髪の毛に栄養が届かなくなることと関係がありそうです。

ダイエットに成功しても全体的な薄毛が加速してしまっては全く美しくありません。

むやみに食事制限をするのではなく、バランスを重視した食事適度な運動で、美しい髪の毛も一緒に手に入れましょう。

3.母方のおじさん/祖父が薄毛な人

先ほどの「薄毛の原因9選!」で、遺伝が薄毛の原因になるという話をしました。

「自分は大丈夫かな?」 「自分はやばいかな....」

そんな風に思われた方も多いかもしれませんね。

遺伝で薄毛になってしまうかを簡単に見極める方法はただ1つ。

お母様方の兄弟やおじいさまの頭皮をチェックしてみてください。

もし薄毛である人の割合が多い場合は、もしかするとあなたも薄毛になってしまう可能性があると言われています。

実は、男性ホルモンに関する遺伝子は、主に母方から受け継がれるんです。 だから、お母様の家系を見ればわかる確率が高いと言われています。

参考までに、確認してみてください。

4.ワックスは毎日付けるけど朝シャンな人

ワックスを毎日つけるけど、朝シャンな人も要注意です。

ワックスの"カス"を取り除かない状態で夜を過ごすと、 間違いなく髪の毛の成長を阻害してしまっています。

朝シャンプーで綺麗にするとは言え、お風呂から上がるとまたすぐにワックスをつけますよね?

これでは頭皮が、休むことなくワックスのカスの脅威にさらされていることになります。

心当たりがある人は、ワックスをつけないか、朝シャンをやめるか、せめてどちらかにしましょう。

5.スマホ/PCを1日8時間以上見る人

スマホ/PCを1日8時間以上見る人も注意が必要です。

理由はやはり「眼精疲労」

側頭部を中心に薄毛がどんどん進行してもおかしくありませんよ。

PCやスマホの視聴時間は、どれだけ長くても4~6時間ほどの時間に抑えるようにしましょう。

薄毛に注意したい人の特徴をご紹介してきました。 今は特に自覚がなくても、もしかしたらこれから薄毛や抜け毛が始まるかもしれません。 当てはまる人は注意してくださいね!

ところで、この他にも、薄毛の原因になりえる習慣があります。 薄毛を気にしている人が薄毛対策として行っているあの行動・あの習慣が、 もしかしたら逆効果で薄毛の原因になってしまっているかもしれません。

早速ご紹介しましょう。

そんなーーー!!!
そんなーーー!!!

薄毛予防によかれと思っていたのに、 それが薄毛を引き起こすかも知れないなんて!!ショック!!!!

①ブラッシングやシャンプーを避ける

薄毛が気になっている方の中には、洗えば洗うほど、ブラッシングすればするほど抜けていく髪の毛を見て、 ブラッシングやシャンプーが怖いと思っているかもしれません。

できればシャンプーやブラッシングの回数を減らしたいですよね。

ところが、ブラッシングや洗髪回数を減らしても、抜け毛予防にはなりません

回数を減らしたとしても、その数日の間に抜けるはずだった髪の毛が一気にまとめて抜けるようになるだけなのです。

それどころか、ブラッシングやシャンプーをしないことにより、 毛穴に皮脂や汚れ、ほこりがたまって頭皮環境が悪化し、薄毛を進行させてしまうことにもつながります。

②シャンプーのしすぎ

抜け毛対策として、頭皮を清潔に保つことは有効です。

先ほども説明しましたが、毛穴に皮脂や汚れなどがたまってしまうと抜け毛の原因になりかねません。

とはいえ、薄毛予防としてシャンプーをしすぎるのも問題です。

必要な皮脂までなくなってしまうと頭皮が乾燥し、ふけかゆみ抜け毛の原因になりますし、 シャンプーによる刺激、髪が濡れている状態での刺激、 タオルドライやドライヤーによる刺激を受ける回数が増えることで、 頭皮や毛髪がダメージを受けてしまいます。

毛髪のダメージは、髪の毛を細く弱々しくさせるため、 本数が同じでも薄毛に見えてしまうこともあります。

洗髪は1日1回までにしてくださいね。

③帽子をかぶらない

帽子による頭皮の締めつけや蒸れは、薄毛進行の原因の一つです。

帽子をかぶらないことによって、一見薄毛対策につながるような気もしますが、 外で浴びる紫外線は薄毛の大きな原因の一つ。

帽子が好きで、室内でも常にかぶっている人が帽子をやめるのであれば意味もありますが、 帽子をやめることで紫外線を浴びるようになってしまったのでは、 薄毛の原因になってしまう可能性もあります。

帽子をやめるというよりも、蒸れにくいメッシュ素材の帽子にする、 日傘を使うなど、紫外線の対策もしてください。

脱げばいいってもんじゃない
脱げばいいってもんじゃない

帽子も薄毛の原因?と聞いて、短絡的にやめるのではなく、帽子の何が薄毛の原因なのかまで考えましょう! しめつけや蒸れを避けることができるなら、 帽子も悪いものではないのです。

薄毛の原因の中には、自分で対策が立てられるものもあります。 毎日何気なく行っていることが、実は薄毛を招いているのかも?

最近薄毛が気になるという方、自分も将来薄毛になるの?と不安な方。 まずは以下のことを始めましょう!

食事と睡眠を見直そう!

栄養の偏った食事や不規則な睡眠は、体の血行を悪化させます。 血行不良は、薄毛の原因の一つ。

まずは睡眠時間をきちんと確保してください。 食事についても、タンパク質・ビタミンを含む食べ物を摂取して、 頭皮の環境を整えることが大切です。

喫煙・飲酒・PCに注意!

喫煙と飲酒は、どちらも血行を悪くさせる行為です。 また、近年は仕事やプライベートにPCを使う機会も増えてきましたが、 長時間使うと眼精疲労から血行不良につながります。

喫煙と飲酒を控えて、PCを使うときは休憩をはさみながら。 薄毛対策として、心がけてみてください。

夜のシャンプーは頭皮を中心に洗おう!

前提として、シャンプーは1日1回、夜に行いましょう。 髪の成長が最も進むのは就寝時なので、夜に髪を洗うことが、 薄毛対策として効果的だと言われています。

洗うときは、指で頭皮をマッサージする感覚で。 しっかり泡を立てて、すすぎを念入りに行ってください。

生活習慣で、薄毛は改善できる!
生活習慣で、薄毛は改善できる!

早速はじめましょう!

薄毛の対策にシャンプー時にでき来る頭皮マッサージも効果があります。 育毛剤を使用するなら、育毛剤を使う時に頭皮マッサージを行うと効果がより期待できます。

簡単な頭皮マッサージ方法を紹介します。

①こめかみ付近からマッサージ 親指を後頭部に固定して、こめかみから耳の上の方に残りの4本の指を当てます。 耳を包み込むようなイメージで4本の指の腹で円を描くようにマッサージします。

②マッサージは下から上へ 頭皮の血流は下から上へ流れているので、指をずらしながらマッサージを行います。 親指は固定したままマッサージをしながら、すべての指を上の方にずらします。 この時に爪は決して立てないように行うのがポイントです。 爪を立てると頭皮が傷つきます。

このマッサージだけでも気持ちが良いと感じると思いますので、シャンプーの時にゆっくりとマッサージをするとリラックスしてストレス解消にもなりますよ。

薄毛の原因として本記事でも紹介した、

  • 男性ホルモン
  • 頭皮環境の悪化

という2つの大きい薄毛の原因。

まずは薄毛治療を始めたい、そんな方にオススメなのが育毛剤の利用です。 なぜなら、月1万円程度でネットで購入で簡単に始められるものも多いからです。

この記事を見て、自分はやばいな...と少しでも感じた方は、育毛剤ランキングをチェックしてみてください。

あなたの薄毛の悩みを解決してくれる育毛剤が盛りだくさんですよ。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。