目次

  1. こめかみ部分がハゲてる!?なんとかして治したい…
  2. まずはこめかみの状態を確認
  3. こめかみ上部が薄毛:AGA
  4. 一部分が円形状に薄毛:円形脱毛症
  5. 側頭部全体が薄い:眼精疲労
  6. こめかみハゲが原因不明なら病院・クリニックへ
  7. 薄毛の原因を理解して対策を

こめかみがハゲる/薄毛になる原因は何でしょうか。 

髪型によっては上手く薄毛を隠すのが難しい部分なので、大変困っている方も多いはず。

この記事では、こめかみ部分が薄毛になる原因と、その対策をご紹介していきます。

こめかみがハゲてる」とこのように一言で言えても、人それぞれ状態は違います。

今回、こめかみハゲの種類を大きく3つに分類しました。

一度自分のこめかみの状態を確認し、どの症状に当てはまるのか考えてみてください。

  • こめかみ上部が薄毛
     →AGA

  • こめかみの一部分が円形状に薄毛
     →円形脱毛症

  • こめかみ横(側頭部全体)が薄毛
     →眼精疲労

ただし、これらはヘアラボの知見により、「おそらくこの症状でないか」と薄毛の原因を推測したに過ぎません。

あくまで目安として参考にしていただきたく、もし本格的にこめかみの薄毛の原因を知りたいなら病院・クリニックを訪れるのが確実です。

それでは、各薄毛の症状について解説をしていきます。

写真のように、こめかみ上部の生え際がM字型に後退していませんか?

あなたのいう「こめかみが薄毛」というのが、写真の通り「こめかみの"上部"が薄毛」であるならAGAの可能性が高いです。

AGAとは

AGAとは、「男性型脱毛症」とも呼ばれる症状です。

テレビCMなどでおなじみの人もいるかもしれませんね。
一説では成人の3人に1人が発症すると言われるほど、メジャーな薄毛の症状です。

男性ホルモンによって引き起こされるヘアサイクルの乱れが原因とされています。

そして、このAGAの特徴として、こめかみ上部がM字型にハゲていくという点が挙げられます。

ですから、ここでは「こめかみ上部が薄毛の人はAGA」と考えられたのです。

AGAは放っておくとさらに進行していきます。

つむじがハゲるのもAGAの特徴なので、今はこめかみ上部だけハゲの人も、いずれつむじも薄くなっていく心配があります。

これからAGAの対策を何点かご紹介していきますので、早い段階で何かしら手を打つようにしていきましょう。

AGAの対策例①育毛剤の使用

ヘアラボでは、誰でも始められる本格的な対策として『育毛剤』をご紹介しています。

理由は大きく2点。

まずは、育毛剤が毛を丈夫に育てたり抜け毛を予防するといった効果が正式に認められているからです。

そして、体への影響が限りなく少なく製造されている点が理由となります。

効果が認められながら、副作用の心配は少ない…よってヘアラボではまずは育毛剤をおすすめしているのです。

こちらは月間数百万人おとずれるヘアラボにおいて、一番人気の育毛剤。

育毛発毛促進抜け毛/脱毛予防頭皮環境の改善といった、効果が認めらた有効成分が配合されています。

有効成分の他にも、天然由来成分も配合されており、その数は全部で50種類は超える量です。

チャップアップは効果面だけでなくサポート面も人気を集めており、特に永久的に返金を受け付ける"永久返金保証制度"が注目です。

誰にとってもおすすめしやすい育毛剤であり、よってヘアラボで一番売れている薄毛対策アイテムです。

\ もっと詳しく知りたいならこの記事へ/

AGAの対策例②発毛剤

発毛剤は育毛剤と似ていますが、実際は大きくことなります。

まず、育毛剤では認められていない発毛効果が認められている点。

毛がさっぱり無くなってしまったこめかみ部分に、毛を再び生やしたい…。
そういった人は発毛剤の使用を検討してみるといいですね。

ただし、発毛剤は副作用のリスクがつきものです。
種類によって異なりますが、具体的には、多毛症・発熱・精力減退・皮膚炎などがよく挙げられます。

育毛剤ではダメだった場合の次の手段として、発毛剤を検討するという順番が望ましいですね。

市販では『リアップ』という発毛剤が購入可能で、またAGAを取り扱うクリニックなどでも受け取ることができます。

こめかみ付近の髪が一部分円形にハゲてしまっている場合、それは円形脱毛症かもしれません。

特徴としては、

  • 一部分だけごっそり抜けてる
  • 発症が急

というのが挙げられます。

これらに当てはまる人は円形脱毛症を疑いましょう。

円形脱毛症とは

円形脱毛症は、その形から十円ハゲとも呼ばれます。

しかし、深刻になると十円レベルの話ではなくなり、どんどん大きくなってしまうケースも。

原因は様々考えられていますが、自己免疫疾患が有力と考えられています。

こめかみ部分の髪を生成する細胞が、免疫に"異物"と認定され攻撃された結果、髪が抜けたということです。

自己免疫疾患を引き起こすきっかけとしては、疲労ストレス、また遺伝が考えられています。

円形脱毛症の対策

実は、円形脱毛症は自然に治る可能性があります。

日本皮膚科学会や日本毛髪科学協会の調査によると、多くの方は約半年〜1年以内には自然治癒するとのこと。

ただし、ヘアラボとしては発症したら必ず病院(皮膚科など)へ行くことを推奨しています。

もしかしたら、自然治癒では治らないレベルまで深刻になる可能性が0ではないからです。

深刻な円形脱毛症になった場合、こめかみ部分に限らず、頭全体に発症することに。

そうなった場合は、大きな病院での治療が必要となります。

円形脱毛症の治療については、『日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン』にまとめられています。
こちらは専門的な内容であるため、もし簡単に知りたいという方は下のヘアラボの記事をご覧ください。

こめかみ付近を含め、側頭部だけが薄い場合、眼精疲労が原因かもしれません。

スマートフォンやパソコンなど長時間使用する機会が増えていませんか?

それらを使用する際に、知らず知らずのうちに目に負担をかけていて、眼精疲労を引き起こしてしまう可能性があります。

髪の毛と眼精疲労は関係ないと思っている人もいるでしょう。

しかし、顔周りの皮膚や筋肉に凝りが固まると、側頭部は血行不良になります。

血行不良になると毛根に栄養が運ばれなくなってしまうことになり、髪が十分に育たなくなるのです。

こめかみ〜側頭部だけが薄毛で、かつ目の疲れが酷い方は、普段の生活を見直すよう注意しましょう。

さて、ここまで大きく3つの薄毛の原因を解説しました。

繰り返しとなりますが、あくまでヘアラボの知見による推測であり、あなたのこめかみが薄毛な理由を決めつけるものではありません。

当てはまるものがなかった人は、病院クリニックを訪れ専門的な診察を受けましょう。

また、3つのうちに当てはまった人でも、症状が長引いていたり、本当に原因がそうなのか不安な人は、専門家の意見を聞くことがおすすめです。

今回は、こめかみの薄毛に悩んでいる人への記事でした。

一口に「こめかみが薄毛/ハゲ」といっても、症状の場所や状態は人によってさまざま。

ですので、しっかり自分のこめかみはどういった状況なのかを判断することからが大事なのです。

この記事を読んで、原因や対策が少しでも理解できていただけていたら幸いです。

▼他の部位の薄毛対策はこちら