目次

  1. シャンプー・育毛剤も大切だけど、他にも大事なことがあります
  2. 薄毛の原因となる食べ物まとめ!
  3. 薄毛を進行させる食べ物の共通点
  4. 薄毛を進行させる!ダメな食生活をしていませんか?
  5. じゃあどんな食生活がいいの?
  6. 薄毛の原因となる食べ物について動画でもっと詳しく知ろう
  7. 薄毛と食べ物についての関連記事はこちら
  8. 身体によい食事と一緒にすすめる対策

薄毛が気になる人の中にはシャンプー・育毛剤にこだわりも持ってる人もいるかと思います。 もちろんシャンプーも大切ですが、その部分の効果を自分自身で帳消しにしてしまっている場合があります。それは食事です。

気づかないうちに頭皮に負担をかけ、髪の毛の成長をさまたげてしまうような食習慣を続けてはいないでしょうか。見直してみましょう。

シャンプー中の男性
シャンプー中の男性

シャンプーだけでは足りてないかもしれません

摂りすぎてしまうことによって抜け毛を誘発させてしまう食品はいくつかあります。 塩分・糖分・脂肪・刺激物・カフェイン・アルコール・食品添加物。 どれも健康のためにもほどほどの摂取がよいとされているものばかりです。

⑴塩分を多く含む食べ物

塩分を摂りすぎると、高血圧になったり、腎臓機能の低下を起こしやすくなります。 高血圧や腎臓機能の低下がおこると、血流をが悪くなってしまうため頭皮への血液量が不足してしまうおそれがあります。

⑵糖分を多く含む食べ物

糖分を摂りすぎると、体内で糖分は中性脂肪に変化します。中性脂肪は皮脂の分泌を過剰にし、フケの原因となります。フケ以外にも頭皮にでき物ができたり、炎症をおこすこともあります。 多すぎる糖分は代謝する際にミネラルやビタミンB群を大量に消費するので、頭皮や髪の毛に行き渡る栄養分が減ってしまいます。

色とりどりのスイーツ
色とりどりのスイーツ

あざやかでおいしそうですが、カロリーが気になるころですが、注意しなければならないのはソコだけではありません。

⑶脂肪分を多く含む食べ物

脂肪分の取り過ぎは抜け毛や頭皮の状態に反映されます。 脂肪分は皮脂の分泌を過剰にし、毛穴がギトギトしてきて、毛穴詰まりとなります。 フケも油っぽい湿ったものが出やすくなり毛穴がつまりやすくなっていまいます。 毛穴が詰まると頭皮へのでき物や炎症へとつながります。 揚げ物や肉類だけでなく、スナック菓子やチョコレートにも脂肪は含まれますので、注意が必要です。

⑷刺激の強い食べ物

香辛料に代表される辛いものは血行をよくする作用があるため、頭皮にも良い影響をあたえますが、たくさん摂取することで過剰に汗をかくことにもつながります。 汗をたくさんかくと頭皮が脂っぽくなり、毛穴を詰まりやすくしてしまいます。

食のすすみそうなキムチ

代謝があがる食事には注意点があります。

⑸カフェインの摂りすぎ

コーヒーのようなカフェインを含む飲料も摂りすぎると脱け毛につながることがあります。 飲んですぐに影響を受けることはありませんが、過剰に飲み続けると内分泌系にストレスを与え、交感神経の興奮が続くことになり、ビタミン・ミネラルを大量に消費してしまい、毛細血管や皮膚の働きを少しずつ悪くしてしまいます。頭皮が硬くなってきていると感じたら注意が必要です。

⑹アルコール

適量のアルコールであれば血管を拡張して血行を良くしますが、摂りすぎは肝臓に負担をかけるため、血行を悪くしてしまいます。 血行不良の他にも、髪の毛の主成分となるタンパク質は肝臓で作られるため、肝臓に負担がかかるとタンパク質の生成に影響をおよぼし、髪の毛の発育が難しくしてしまいます。 髪の毛の成長にかかすことのできないアミノ酸があるですが、アルコールの分解と同じ成分であるため、アルコールを多量に摂取すると髪の毛に使われなくなってしまいます。

乾杯する男性
乾杯する男性

お酒はほどほどに

⑺食品添加物を多く含む加工食品

髪の毛の成長を促す栄養素にタンパク質がありますが、そのタンパク質をサポートするのに必要な栄養素に亜鉛があります。 カップ麺などには長期保存をするために必要な添加物などが入っています。その添加物の多くは亜鉛の排出を促進してしまうため、髪の毛の成長のために必要な量が足りなくなってしまうおそれがあります。 添加物によって排出していく栄養素は異なりますが、パッケージに添加物名が詳細に記載されているとは限きません。「保存料」「酸化防止剤」「酸味料」のようにまとめて記載されていることが多く、抜け毛の原因となる添加物か含まれているかどうかを判断するのは難しくなっています。

どれも適量の摂取であれば薄毛となる可能性は低いです。多量に摂取することに問題があります。少しの心がけで摂取量は調整することができます。 コンビニ弁当、カップ麺、ファーストフード等の外食は便利で美味しい食事を簡単にとることができますが、砂糖も塩も油も添加物も多く含まれています。 小腹が空いたときについつい手をのばしがちなスナック菓子、アルコールにかかせないおつまみにも多く含まれます。

①過剰摂取厳禁。 ②コンビニ弁当、カップ麺、外食に多く含まれる ③おつまみ・お菓子に多く含まれる

飲みすぎたり、食べすぎたりしてしまう。小腹がすいたらすぐに間食してしまい、スナック菓子など食べ始めたら止まらなくなってしまう。 ダイエットをしていて、常に空腹上状態にある。 健康的とは言いがたい食生活は薄毛を進行させてしまいます。

①飲みすぎたり食べ過ぎたりしてしまう

健康にもよくないとされる食習慣は、髪の毛にとってもよくありません。 摂りすぎることによって悪影響をおよぼす食品成分もありますが、育毛に必要な栄養素をいちどにたくさん摂取しても体内に吸収できる量には限りがあり、摂りだめすることはできません。

②間食が多い

小腹をすかしてついつい何かを口にいれてしまいがちになったりしてませんか。 「おやつ」では砂糖が多く含まれる甘いものや、脂質を多く含むスナック菓子などを食べてしまいがちです。 他にも、摂取すると体内で糖に変化する炭水化物を多く含む、パン類。何かの作業中にもつまんでしまいがちな「おつまみ」製品には塩分が多く含まれています。

③偏った食生活

野菜があまり好きでなくて、肉や魚ばかり食べていて、野菜を食べていない。 ダイエットのために食事の量を極端に少なくしたり、炭水化物など特定の食品をいっさい摂取しないようにしている。 必要な栄養素が足りず、髪の毛の成長の妨げとなってしまいます。

薄毛予防のために必要な栄養素を、必要なだけ確実に摂取し続ける。ということが完璧にできればよいのですが、毎日継続していくのは難しいことです。 1日3食の食事でバランスのよく栄養素を摂れる食事を心がけていきましょう。 忙しい朝をトーストをコーヒーだけですませてしまったら、昼食に野菜をとりいれたり、小腹がすいた時に野菜ジュースを飲んでみるのもいいと思います。 お昼に揚げ物をたべたら、夜はあっさりとした食事するようにしましょう。 我慢しすぎることはストレスになってしまうので、食べ過ぎた・飲みすぎた翌日は控えめの食事にしてください。 サプリメントなどで必要な栄養素を補うのもよいかもしれません。

⑴ 毎回の食事で完璧を目指さず、1日でバランスよくすることをこころがける。 ⑵ 我慢のしすぎはよくない。 ⑶ サプリなど活用する。

料理研究家の方々が選んだ薄毛を進行させてしまう食品を紹介しています。 頭皮にあたえる影響とあわせて分かりやすくまとめられています。

ハゲる食べ物!?ベスト5 お前ら気をつけろよ

料理研究家のが選んだ育毛の妨げになる料理のベスト5です。

ハゲる食べ物!?ベスト5 お前ら気をつけろよ

料理研究家のが選んだ育毛の妨げになる料理のベスト5です。

好きなものを好きなだけ食べたい日もあります。そんな日に気分転換をしながら、飲みすぎ・食べすぎをしないように、バランスのよい食事をこころがけましょう。 バランスのよい食事を用意するのは難しいですが、髪の毛の成長を妨げるような食品を摂りすぎないようにこころがけるだけでも食生活は改善されるはずです。 さらに育毛剤を利用して頭皮環境を改善することで、相乗効果が期待できますね。

こちらの記事では薄毛に効果がある食べ物を詳しくまとめています! 薄毛対策にいい食べ物10選!ハゲない食事はコレだ!