目次

  1. シャンプーで抜け毛が増える?!
  2. そもそも抜け毛の原因って何?
  3. 抜け毛はどのくらいの量から異常なの?
  4. じゃあシャワーを浴びる回数は少ないほうがいいの?
  5. シャンプーは大切!
  6. 正しいシャンプーの仕方
  7. シャンプーの種類
  8. 正しい方法を意識して自分に合ったシャンプーで洗おう!
  9. 育毛剤による抜け毛対策という選択も!
  10. 抜け毛やシャンプーの疑問、クリニックへの相談という選択も
  11. シャンプーも対策も、自分に合うものを探してみよう。

毎日シャワーを浴びていると手や床に何本も髪の毛が落ちているのを見たことはありませんか?

そもそもシャンプーって本当に髪の毛にいいものなのでしょうか...? むしろ、抜け毛を増やすのでは....?

その真偽について、詳しくまとめてみました。

髪を洗っただけなのに…
髪を洗っただけなのに…

抜け毛が気になりませんか?

抜け毛はいろいろな原因で起きます。例えばホルモンバランスの乱れや、生活習慣の乱れ、ストレス、頭皮環境の悪さなどです。頭皮環境が悪い状態というのは頭皮に炎症がおきていたり、ふけ、かゆみ、においなどがあることが多いです。

このような状態が続くと健康な髪の毛が育たず抜けてしまいます。良い稲を作るにはその畑を耕さないといけないように、良い髪の毛を作るには頭皮を清潔に手入れしなくてはならないのです。

抜け毛の量は個人差がありますが1日50〜100本が通常だといわれています。 抜け毛の量は季節によっても変わります。健康な人も秋から冬にかけて自然と抜ける本数が多くなるそうです。

また、1日の中で髪の毛が一番抜ける本数が多いタイミングはシャワーを浴びるときです。シャワーは水や手で髪の毛に負担を多くかけるので髪の毛が抜けやすいのです。

シャワーで抜け毛が増える
シャワーで抜け毛が増える

シャワーはしない方が良いのでしょうか?

シャワーを浴びる回数を変えても最終的に抜ける本数は常識を逸脱した洗い方をしない限りそこまで変わりません。どうしてかというと髪の毛は死んでも15日間ほど頭から生えてるからです。言い換えると髪の毛は抜ける数日前から死んでいるのです。

なのでシャワーを浴びた時に抜ける髪の毛は、すでに死んでる髪の毛と言われているのです。 つまり髪の毛の抜ける本数は変わらず、シャワーを浴びるか浴びないかは関係ないのです。

毎日するシャンプー
毎日するシャンプー

シャンプーの仕方がとても大切です。

シャンプーは頭皮を清潔に保つ意味でとても大事な役割を果たします。脂っぽい場合は頭皮をきれいに洗浄し、頭皮が乾燥している場合は保湿してくれます。頻繁にシャンプーをすると髪の毛は痛みますが、頭皮を清潔にしておくのは大切なことではないでしょうか。

シャンプーは頭皮にいいと話しましたが間違ったシャンプーの仕方をすると逆効果です。正しいシャンプーの仕方について紹介します。

爪を立てずに指の腹で洗う

爪を立てて洗うと頭皮に傷がつきそこからバイ菌が入りひどいときには化膿してしまうことがあります。また刺激を受けた頭の表皮細胞が分裂、増殖したものが「フケ」となります。ですので頭皮はやさしく指の腹で洗いましょう!!

38℃のお湯で洗う

頭皮はとても敏感な肌です。40℃以上のお湯では軽いやけどをしてしまいます。熱いお湯で暖まりたいときは頭皮以外に熱いお湯をかけてください。

手でシャンプーを泡立ててから髪になじませる

シャンプーはしっかりと
シャンプーはしっかりと

手で泡立ててからシャンプーをしましょう!

シャンプーはしっかりと手で泡立ててから使いましょう。直接頭につけると洗剤の濃淡にむらができてしまいます。全体にまんべんなくなじませることが大切です。

十分にすすぎシャンプーと泡が残らないようにする

すすぎが大切
すすぎが大切

シャンプーをしっかりと洗い流すことが大切です。

シャンプーのすすぎ残しは毛穴に詰まり汚れになってしまいます。また、炎症やニキビの原因にもなってしまうのでしっかりとすすぎを行いましょう。

髪を洗ったあとはしっかりと髪を乾かす

髪が短くても、髪を濡れたままにしておくのはよくありません!水分が多い状態の髪はかえって乾燥が進み、髪の毛のキューティクルが痛んでしまいます。ですので、まずはタオルドライをしっかりとしてからドライヤーを使って髪を乾かしましょう。

髪を良い状態に保つのも抜け毛予防の一つです。

シャンプーはたくさん種類があります。種類と特徴を紹介します。

高級アルコール系シャンプー

いわゆる一般的なシャンプーです。 ドラッグストアやコンビニで販売されているシャンプーのほとんどがこちらです。高級アルコール系シャンプーは洗浄力があり、頭皮毛髪を健やかに保ちたい人におすすめです。

アルコールが含まれているので、肌が弱い人は使用を控えたほうが良いでしょう。

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーはアルカリ性で洗浄があり毛髪をしなやかに保つ効果に期待がされます。

石鹸系シャンプーも値段は安めですね。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗浄力はそこまで無いと言われておりますが、アルコールの含有量が少ない分保湿性が高く、アルコールによる刺激は弱いです。

モンゴ流シャンプーなども、頭皮をやわらげる効果に期待がされますね。

頭皮の状況は人それぞれです。そのため一概にあれがいいとお勧めできません。 自分の頭皮は脂っぽいのか、乾燥しているのかなどちゃんと理解しておくことが必要です。

せっかく頭皮をきれいにしようとしてシャンプーするのに、傷つけてしまうのはもったいないのでこの記事を参考にして正しい方法でシャンプーして頭皮を清潔にし抜け毛を防ぎましょう!

抜け毛とシャンプーの関係については、こちらもチェック! 【注意】いち髪は抜け毛を増やす...!?抜け毛予防シャンプーの嘘・本当

10代で抜け毛に悩む人はこちらの記事もチェック! 高校生の抜け毛の原因と対策まとめ【徹底解説】〜10代の若ハゲを改善〜

さまざまなシャンプーが発売されている中で、ご自身の体質、頭皮・毛髪の特徴を踏まえたうえで合ったものを選ぶことはとても大切なことです。

シャンプーだけでは抜け毛の予防も発毛の効果も残念ながら期待は薄いと思いますが、頭皮や毛髪を清潔に保つのは大切であり基本です。

頭皮や毛髪の環境を良くすることで次へのステップ準備となるからです。

しかし本格的に育毛効果を出したいという方には育毛剤もおすすめですよ。

ハゲラボでも人気の育毛剤チャップアップ、是非一度ご確認くださいませ。

自分にどんな育毛剤やシャンプーが合うのかだったり、頭皮の特徴についてなかなかわからないと不安ですよね?

育毛剤の選び方やご自身の頭皮環境についてプロの視点でアドバイスが欲しい場合には、薄毛専門のクリニックもおすすめです。

一人ひとり親身に相談に乗ってくれます。

どんなに良い成分の入ったシャンプーでも自分の体質に合わなければ意味がない。

どんなに良い治療薬でも自分に合っていなければ効果はない。

これは何ら特別でもない普通のことです。

でもテレビCMや宣伝に不安な気持ちを煽られて、流されてしまうのです。

それは時間にすれば「回り道」で、お金の「無駄使い」に値するのではないでしょうか。

まずは自分を知りましょう。自分の状態を知りましょう。 もっともらしいCMキャッチコピーに流されず、自分を見つめましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。