目次

  1. 50代の薄毛、髪型はどうしよう…
  2. 50代の薄毛の人におすすめな髪型のポイント
  3. 50代の薄毛の人におすすめな髪型
  4. 50代の薄毛の人の注意点
  5. 薄毛の悩みには育毛剤の使用がおすすめ!
  6. 50代の薄毛は髪型で対策!
50代の薄毛
50代の薄毛

髪型で悩みますよね…

50代の薄毛、一番の悩みは髪型ですよね。
「髪型はもうあきらめた…」という人も多いのではないでしょうか。

50代に差し掛かると、薄毛や抜け毛による髪型の悩みを抱える人も、全体の半数近くまで増えてくるそうです。

「もう髪型でおしゃれをするような歳じゃない」なんて思っている人もいるかもしれませんね。

ですが、50代の薄毛の人にも似合う髪型はあるんです。

そこで今回は、そんな50代の薄毛の人におすすめな髪型をご紹介していきます!

50代の薄毛の人には、抑えてもらいたいポイントが3つあります。

  • 清潔感
  • 薄毛を隠そうとしない
  • 毛流れに沿った髪型

順番に見ていきましょう!

抑えてほしいポイント
抑えてほしいポイント

3つあります。

清潔感

50代の薄毛の人に最も抑えてもらいたいポイントは清潔感です。

加齢によって髪の毛以外の部分でも老いが見え始めるのが50代。
若さだけで清潔感をカバーできていた頃とは違い、清潔感を出すための努力が必要になってきます。

髪型は特に、人の印象を決定づける重要なポイントなので、しっかりと整えることが大切です。
ちゃんと整っていなかったり、薄毛の部分が悪目立ちしている髪型は、お世辞にも清潔感があるとはいえません。

50代の薄毛だからこそ、清潔感に重きを置くのは重要ですね。

隠そうとしない

薄毛を隠そうとしないことも重要です。
50代の薄毛の人を見ると、隠そうとして不自然な髪型になってしまっていることが多いです。
いわゆるバーコードはげなどがその代表ですね。

貧相に見えますし、あまり印象のいい髪型ではありません。

薄毛の人は、隠そうとして髪を伸ばしがちですが、ボリュームがないのに髪が長いと、ペタンとして地肌が見え、薄毛がより目立ちます。

短めに整えると、清潔感が出ますし、見えている地肌の面積が広いため、薄毛も目立たないのでおすすめです。

「隠す」のではなく「目立たなくする」髪型を意識しましょう!

毛流れに沿う

毛流れに沿った髪型
毛流れに沿った髪型

つむじの流れに沿っています

毛流れに沿うというのは、M字はげや生え際が薄毛の人におすすめしたいポイントです。
「毛流れに沿う」という言葉、あまりなじみがないかもしれませんが、上の画像のようなイメージです。

人の髪の毛は、つむじを中心に渦を巻くように生えており、この渦の流れを毛流れといいます。

髪型選びの際は、この毛流れを意識すると、薄毛が目立ちにくい髪型が見つかりやすいかもしれません。

毛流れに沿っていない髪型
毛流れに沿っていない髪型

薄毛が目立つかも…

こちらのように、毛流れに沿っていないと目立ちやすくなってしまうんですね。

ただし、毛流れに沿っていない髪型が似合う人もいるので、そこは自分の好みや美容師さんと相談しながら決めてください。

それでは、ポイントをご紹介したところで、いよいよ髪型をご紹介していきます!

ここからは、50代の薄毛の人におすすめな髪型をご紹介していきます。

  • 七三分け
  • 坊主
  • ベリーショート
  • オールバック

順番にご紹介していきますね!
きっと似合う髪型があるので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)七三分け

#ryanthomasgosling #ryangosling

Ryan Goslingさん(@goslingdaily)がシェアした投稿 -

1つ目は七三分けです。
王道でありながら、スマートで大人の渋さを感じますね。
誠実そうな雰囲気がスーツと合うので、50代の薄毛の人に特におすすめしたい髪型といえます。

サイドが盛り上がっているとシルエットがきれいにならないので、サイドは短めがおすすめ。

  • 頭頂部が薄毛の人
  • 生え際が薄毛の人

自然にカバーできるので、上記の薄毛の人に特におすすめの髪型です。

ただし、ずっと同じ分け目にしていると、紫外線などのダメージが蓄積して薄毛の進行につながるので、分け目を変えるなどして、ダメージが一点に集中しないようにしましょう。

(2)坊主

2つは坊主です。
職業柄できない人もいるかもしれませんが、すっきりとしていますし、男らしい髪型なので50代の人にもおすすめです。

おすすめできる薄毛のタイプは、

  • M字はげの人
  • 生え際が薄毛の人
  • 全体的に薄毛の人
  • 頭頂部が薄毛の人

これらです。
地肌との差が生まれないので、どんな薄毛のタイプにもおすすめできる髪型です。

画像のように縁のはっきりしたメガネをかけると、やさしい印象になるので、試してみてはいかがでしょうか。

(3)ベリーショート

3つ目はベリーショート。
すっきりとしていて清潔感がありますね。

こちらもサイドを短くしたほうがシルエットがきれいになります。
下の画像のように、白髪やヒゲとの相性もいいですよ。

  • M字はげの人
  • 生え際が薄毛の人
  • 頭頂部が薄毛の人
  • 全体的に薄毛の人

におすすめの髪型。

全体的に短いので、薄毛のタイプにかかわらず目立ちにくくできます。

(4)ソフトモヒカン

#HidetoshiNakata × #descentegolf #デサントゴルフ #中田英寿#nakata #hidenakata #나카타히데토시 #中田英壽 #nakatahidetoshi

Hidetoshi Nakataさん(@nakata_hidetoshi)がシェアした投稿 -

4つ目はソフトモヒカン。
サイドを短くして前髪やトップにボリュームをもたせる髪型です。 少し若者のイメージがある髪型ですが、白髪交じりでもかっこよく決まるので、50代の薄毛の人にもおすすめ。

  • M字はげの人
  • 全体的に薄毛の人

に特におすすめです。

全体的に薄毛が気になる人は、サイドを刈り上げるツーブロックと組み合わせると、トップのボリュームが強調されるのでぜひ試してみてください。

(5)オールバック

5つ目はオールバックです。
大人の男といった雰囲気がでて、ダンディな髪型ですね。

  • M字はげの人
  • 頭頂部が薄毛の人

におすすめです。
ただし、毛流れに沿っておらず、毛根に負担がかかるので、スタイリングに注意したうえで、オールバックにしない日も作るのがおすすめ。

注意点!
注意点!

こちらも大切です。

ここからは50代の薄毛の男性向けに注意点を2つご紹介していきます。

  • 直射日光を避ける
  • 自信のなさは薄毛よりも悪印象

順番に見ていきましょう。

直射日光を避ける

頭皮は、普段から直射日光を浴びる機会が多いですよね。

直射日光を浴びると、紫外線によって髪の毛へのダメージにつながるほか、頭皮の温度が上昇し、炎症を起こすこともあります。
どちらも薄毛の進行の原因になりかねないので、適切なケアをしたいですね。

そこで、長時間直射日光を浴びる際におすすめなのが、帽子です。
被るだけですし、オシャレなアイテムとしても使えるのでお手軽ですね。

ですが、帽子によって頭皮が蒸れるのも頭皮環境によくありません。
極力通気性のいいものにするのがおすすめです。

自信のなさは薄毛よりも悪印象

薄毛のコンプレックスを抱えていると、どうしても自信が持てず、人目を気にしてしまいますよね。
薄毛は深刻な悩みですし、気になるのは仕方ありません。

ですが、その自信なさげな振る舞いは、薄毛よりも印象が良くないかもしれません。

50代で自信なさげというのは、少し情けないですよね…。

ネガティブになっているだけでは問題は解決しません。 薄毛が目立たない髪型に変えるなど、自信を持てるようにアクションを起こしましょう!

根本的に解決したい人は、思い切って育毛剤などの使用を始めるのも手ですよ。

髪型で薄毛の対策をしたところで、薄毛自体は解決されていません。

薄毛・抜け毛自体を対策したい!という人におすすめなのが育毛剤です。

育毛剤は頭皮環境を整えて、健康な髪の成長に必要な土台を作るので、薄毛の対策としておすすめです。

そして、育毛剤の中でもおすすめなのが、ハゲラボでも人気のあるチャップアップ

興味のある方はぜひ公式サイトを見てみてくださいね!

髪型次第です!
髪型次第です!

かっこいい髪型で渋さを出しましょう!

いかがでしたか?
50代の薄毛の男性におすすめな髪型とその特徴についてご紹介してきました。

薄毛や抜け毛の悩みは深刻ですが、髪型次第で目立たないようにすることができます。
50代ならではの渋さや深みを発揮できるよう、薄毛の気にならないかっこいい髪型にしましょう!