目次

  1. ハゲは遺伝する。嘘?本当?
  2. 遺伝の仕組み
  3. 薄毛遺伝子という遺伝子がある?!
  4. 薄毛遺伝子は誰から遺伝するの?
  5. 母親がハゲてなかったら自分はハゲないの?
  6. どうしたら自分が薄毛遺伝子を持っているかどうかがわかるの?
  7. ハゲの原因は遺伝だけではない!
  8. ハゲ予防の選択肢
  9. 対策は早めの方がいいかも!
薄毛・ハゲは遺伝する?
薄毛・ハゲは遺伝する?

早めに薄毛になるかがわかれば、対策もしやすいですよね

自分が将来ハゲるか心配になったとき自分の両親や親せきを思い浮かべる人は多いと思います。実際にはどうなのでしょうか。

将来、遺伝的にハゲるとわかったら何か予防の手段があるかもしれません。 ハゲと遺伝の関係についてまとめました。

父親の精子にはXとYの2種類の染色体があり母親の卵子にはX染色体が含まれています。 染色体はDNAで構成され遺伝の役割を担っています。

男の子は父親からY染色体、母親からX染色体の受け継ぎペアを作り、女の子は父親からX染色体、母親からX染色体を受け継ぎペアを作ります。

人間には47本の染色体があり両親で作ることが可能性な子どもの染色体ペアはとてつもなく多く同じ遺伝子を受け継ぐ可能性はほとんどありません。なので同じ両親から生まれた子供でも遺伝には個人差があります。

遺伝子の種類の中にデンセイホルモン受容遺伝子という遺伝子があります。

通称薄毛遺伝子です。 この遺伝子はX染色体の中に含まれており、男性ホルモンの働きと関係しています。

男性ホルモンは分泌されるときに脱毛作用があることがわかっています。 つまり薄毛遺伝子を遺伝している場合、男性ホルモンによる脱毛が多くなる可能性があります。(詳しいことはまだ解明されていないとことが多数あります。)

薄毛遺伝子はX染色体の中に含まれています。 "遺伝の仕組み"にある図を見てください。X染色体は主に母親から遺伝しています。

最近はY遺伝子にもはげやすい遺伝子が含まれているという研究もあるので一概に母親からの遺伝だけとは言い切れませんが一般的には母親からの遺伝するといわれています。

薄毛遺伝子は母親からの遺伝しているということがわかりました。 では、母親がハゲてなければ自分もハゲないのでしょうか。

いいえ。そのようなことはありません。

女性には女性ホルモンという脱毛作用を防止する成分があります。 なので薄毛遺伝子を持っていても母親がハゲているとは限らないのです。

母方の祖父がポイント

母方の祖父がポイント

簡単な方法でいうと母方の祖父がはげているかどうかで判断できます。 しかしこれも確実な方法ではありません

本当に詳しく知りたい方はAGA遺伝子検査という検査があります。

AGA遺伝子検査は、口内の粘膜を採取し、専門の医療機関や専用の検査キッドで手軽に行える検査です。

早いうちにAGA遺伝子検査を受けると正しい知識を持った医師による適切な治療や予防を受けることができます。

これまで薄毛遺伝子について話しましたが、実はハゲの原因は遺伝だけではありません。いろいろな原因があるので性別ごとに紹介します。

男性特有のハゲの要因

男性の要因でいうとやはり男性ホルモンによる影響が大きいと言われています。

生活の乱れによりホルモンバランスが乱れることもあるので健康的な生活を送ることが必要です。女性の男性ホルモン量は男性の10分の1といわれていますが男性ホルモンが多い女性も注意が必要です。

女性特有のハゲの要因

女性は妊娠や出産によって抜け毛が増えることがあります。 妊娠や出産は女性にとってホルモンバランスも不安定となり、生活環境も大幅に変わるなど大きなストレスにもなりかねるのです。周りの人の気遣いも必要でしょう。

また、女性ホルモンの減少もはげる原因です。 女性は年を重ねるほど女性ホルモン量が低下します。

特に更年期は女性ホルモンの分泌量が減り、その時期からハゲ始まることも多いので早めの予防が必要だと言われていますよ。

男女共通のハゲの要因

ハゲの要因はたくさんあります。

まずは、たばこです。 たばこを吸っている人はたばこをやめましょう。 たばこは血液の循環を悪くしてしまいます。

お酒もよくありません。 お酒のアルデヒドは脱毛する働きのある成分を増加させてしまいます。 しかし適量であれば血液の循環がよくなり育毛効果があるという研究もあります。

また、脂っこい食事は避けましょう。 頭皮に油が分泌されると頭皮環境が乱れてしまいます。

適度な運動をしましょう。運動も血液の循環を良くします。

ストレスは抜け毛の原因になります。

日々、心にも体にも健康な生活を送るようにしましょう!

また生活改善を意識しながら、育毛剤を併用するのもいいかもしれません。

ハゲ予防、薄毛改善の対策は大切な選択です!!

ただ育毛剤もさまざまな種類の商品が発売されていてどれを選べばいいのか迷ってしまうなんてことも。

中には香料や紫外線吸収剤といった頭皮・毛髪に悪い影響を与える成分が入った商品もあるそうです

育毛剤を選ぶ際は、無添加・無香料のものを選ぶと良いと言われていますよ。

薄毛遺伝子を持っているかは医療機関で調べることができます。 不安な方は医療機関などに相談しましょう。

もしお住まいの地域にクリニックがある場合は一度、足を運んでみるのもいいかもしれません。

経験豊富なドクターがあなたの不安や悩みに寄り添い、対策をご提案してくれます。 無料診断を行っているクリニックもございます。

さて、いかがでしたでしょうか。

遺伝性の可能性があるとしても、対策をしっかりと考えて選択肢を持っていたら 何も恐れることはありません。

しかし、やはりハゲるということは心配です。 生活改善の意識を持ったり、育毛剤を取り入れたりと自分にできるころから 少しずつ始めてみましょう。

早い行動が何より納得のいく結果を出せるかと思います。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。